MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

テレビで「ネットサービス使いたい」7割超
薄型、地デジに続く特需となるか

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/26 18:00

 テレビでインターネットを見たいと願っている人が増えており、新たにテレビを購入する際に最も重視される付加機能となっている。

 アナログテレビ放送停波を前に、地上デジタル放送への移行に対応したテレビの買い替え需要が落ち着きを見せ始める中、今後は新機能を前面に出した販売戦略に注目が集まる。

 MMD研究所が2月に実施した、日本国内に住む20代から60代の男女2060人を対象とするアンケート調査によると、次に購入したいテレビで付いていてほしい機能のトップ3に、「省エネ性能」「インターネット接続」「録画機能付きの一体型」が挙げられた。とりわけ、インターネット接続機能に関しては、「テレビ画面でインターネットの各種サービスやコンテンツを利用してみたいと思う」と答えた人が全体の74.6%を占めた。しかしながら、実際に「自宅のテレビからインターネットに接続して利用中である」との回答者は21.2%にとどまっている。

 インターネット接続機能を搭載するテレビで楽しみたいことのトップに挙がったのは「YouTubeをテレビの大画面で見てみたい」で、過半数の回答者が強い利用意向を示した。さらに、YouTubeに迫る勢いで「有料の映画やドラマをテレビにダウンロードして見てみたい」との回答もランクインしており、無料視聴できるYouTubeに限らず、有料コンテンツであってもテレビ画面で楽しみたいとのリクエストに手応えが感じられた。「ニコニコ動画」「Facebook」「mixi」「Twitter」「Skype」「Flickr」といったオンラインサービスをテレビで利用することにも多くの人が前向きのようだ。

 BCNの発表によれば、日本の国内市場における薄型テレビの販売額は、昨年11月を最後に前年同月比でマイナスが続いていたものの、再び今年5月に前年同月比20.2%増を記録した。薄型テレビの販売価格は下落傾向が続いており、販売台数ベースでは5月に前年同月比で80.2%もの増加が見られたという。アナログ停波を目前にした地デジ化の最終特需が立ち上がっているとの分析も示されている。

 地デジの特需が終わり、これからは消費者が本当に必要とする新機能への対応が求められている。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5