MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

太平洋セメント(5233) 復興需要に期待高まるものの、足元の状況は依然厳しい状況

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/28 15:00

 <株価水準割高>
12/3期TIW予想PERでは33倍台など割高感がある。今上期の業績も国内セメント需要低迷から厳しいものとなろう。ただし、復興予算や補正予算の動向には注意が必要。仮に港湾などインフラ整備で1兆円の予算がつくなら、100万トン程度のセメント需要が発生するため。
<11/3期は合理化効果から大幅営業増益>
11/3期の営業利益は164億円(前期比4.6倍)となった。セメント販売数量減などの減益分を合理化効果などで吸収したことが主因。なお、会社側は、震災後の需要が見通せないとして12/3期の業績見通しの発表を見送っている。
<復興需要に期待>
セメント産業では、震災復旧が収益に貢献する期待がある。瓦礫や廃タイヤは、セメント製造時の原燃料として使用できるうえ、処理料が入る。また、セメント使用原単位の高い港湾関係の復旧は、落ち込んだ国内需要の押上げ要因につながる。
<12/3期は営業増益となろう>
TIWでは12/3期の営業利益を177億円(前期比8%増)と予想する。合理化の寄与が大きい。なお、国内セメント販売数量は下期には回復が期待できるものの、上期の落ち込みを吸収できないものとTIWでは想定した。(溝上 泰吏)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
ショーワ(7274) 12年3月期計画を公表。再び最終赤字へ転落
豊田通商(8015) 12年3月期は前期並みのトヨタ生産台数を前提に利益横ばいを計画
日本触媒(4114) カバレッジ開始、12年3月期は会社計画を大きく上回るだろう
ソネットエンタテインメント(3789) 今期の注目点はゲーム事業におけるIPの創出

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5