MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

節電対策で「ちょい長滞在」人気
滞在日数増やしても同額プランも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/17 10:30

 HISが発表した2011年の夏休みの海外旅行予約動向速報によると、企業の節電対策を目的とした夏休みの長期化や例年よりお盆に休みを集中させるといった傾向が見受けられることから、海外旅行の日程を1~2日伸ばした「ちょい長滞在」を選ぶ人が増えているという。延泊代金の割安プランや延泊同料金プランなどを利用すれば、リーズナブルに旅を楽しめる。

 例えば、人気のリゾート地であるバリ島では、通常5~6日間のツアーを10~20日間に延長した、長期滞在商品が好調な売れ行きだという。このツアーは、滞在日数を10~20日の間で自由に選ぶことができ、どの日数を選んでも同代金で設定されており、滞在が長くなるほどお得になるもの。滞在は繁華街「クタ・レギャン地区」のホテルで、朝食と18時のレイトチェックアウトも用意されている。さらに、別途追加代金を支払えば、さまざまなホテルに宿泊できる「ちょっとだけ 泊まるプラン」もあり、長期滞在だから味わえる楽しみもある。ツアーの出発日は7月10日~9月30日で、旅行代金は9万4800円~19万9000円。

 一方、海外旅行の行き先では、アジアが人気となっている。昨年10月、羽田空港の新国際線旅客ターミナルがオープンし、現在18路線の国際線が運行している。そのうちの9路線がアジア路線であることもあり、人気が高まっているようだ。

 その1つ、羽田就航が1日平均8便から14便となったソウルは、韓国ドラマやK-POP人気が続いていることもあり、前年同日比約150%を超えている。ツアーの数が多く、2泊3日で価格が2万円台からという手ごろさも人気の要因となっている。

 また、シンガポールについては、マリーナ・ベイ・サンズホテルに泊まるツアーが好調なこともあり、2倍近い予約数となっている。マリーナ・ベイ・サンズホテルはシンガポール市内中心部に立地し、カジノやショッピング施設をはじめ、数多くのダイニングや劇場、コンベンションセンターなど様々な設備を兼ね備えた他に類を見ない高級ホテル。ツアーの1つ「シンガポール航空で行く シンガポール4日間 マリーナベイサンズ」の旅行代金は11万5000円~18万0000円となっている。

 今年の夏は長期休暇をとりやすいばかりか、羽田空港の国際化でアクセスの良さも向上し、仕事帰りに出発するプランも計画できる。計画をじっくりと練り、海外でリゾート気分を満喫するのもいいかもしれない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5