MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

デンソー(6902) 12年3月期計画を公表、下期の営業利益率は7%台へ回復を見込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/13 15:00

<引き続き強気の見方を継続>
12/3期の会社計画は前期比28%の営業減益予想である。しかし、トップライン拡大を見込んだことはポジティブであり、下期は営業利益率7%台への回復が期待できる。(1)東日本大震災(以下大震災)影響は一時的である、(2)同社への中期的成長見込みは不変であることから、TIWは株価に対し強気の見方を維持する。
<12/3期は上期の悪化が響き減益を計画>
7月11日に同社は見送っていた12/3期計画を公表。1米ドル81円(前期86円)を前提に、前期比28%の営業減益を計画。上期は営業損益ゼロ、下期の営業利益は前年下期比2.1倍と後半V字回復を見込む。大震災による上期の失速、前期からの円高、原材料高などが通期で響く。TIWでは世界の自動車需要が後半に余程大きく落ち込まない限りは、同社計画を上回る着地は可能と考える。(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
きもと(7908) カバレッジ開始、12年3月期はスマートフォン市場拡大の恩恵が大きい
オムロン(6645) TIW業績予想を見直し、13年3月期営業利益の過去最高更新に期待
パイオニア(6773) 12年3月期は震災影響下でも1割強の営業増益を見込む
日本化薬(4272) カバレッジ開始、12年5月期も最高益更新は可能だろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5