MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

海外旅行の宿代、世界一出すのは日本人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/23 18:00

 オンラインホテル予約サイトHotels.comが、世界の主要都市にあるホテル宿泊料金を定期的に調査するHotel Price Indexの2010年度(1月~12月)において、国内および海外旅行における宿泊費の調査結果を発表した。

 調査結果によると、海外旅行でホテルの宿泊に最も費用をかけるのは日本で、1泊あたりの平均料金は1万4118円だった。次がアメリカで1万3925円、以下、ロシアの1万3911円、オーストラリアの1万3263円、韓国の1万3039円、中国の1万2885円と続いた。

 一方、国内旅行でホテルの宿泊に最も費用をかけるのはシンガポールで、1泊あたりの平均料金は1万5720円だった。次は韓国の1万5577円で、以下ロシアの1万4302円、日本の1万3656円、オーストラリアの1万2165円、中国の1万1761円だった。

 海外旅行でホテルの宿泊に最も費用をかけた日本が、国内旅行では第4位に甘んじていることについて、Hotels.comの日本・韓国のシニア・マーケティング・マネジャーは「日本人は海外旅行に対して非常に高い期待感を抱いているため」と分析している。

 一方、楽天トラベルが発表した2011年夏の旅行動向によると、2011年7月16日から2011年8月31日の夏休み期間における海外旅行の予約見通しが、前年同期比34.6%増の高い伸びを示した。また企業が節電対策から長期休暇の取得促進や休暇の分散をしたことで、10連泊以上の海外旅行予約が前年同期比39.7%増になるなど、今年の夏は多くの日本人が長期の海外旅行に出掛けるとみられている。

 海外のホテルにとっても日本人が期待するサービスを提供できれば、リピーターが増え収益性が高まりそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5