MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

バヤリース、60周年に上半期売上114%
止渇系やコラボ商品など、新商品続々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/24 18:00

 今年、日本で発売60周年を迎えるロングセラーブランド「バヤリース」。アサヒ飲料株式会社が販売する同ブランドの1~6月の販売数量は、定番の「バヤリース オレンジ」のリニューアルをはじめ、新商品などにより、前年比114%と好調に推移している。

 バヤリースは、1938年に米国の科学者、フランク・バヤリー氏が果汁の風味・香りを損なわないで長期間保存できる殺菌法を開発したことがきっかけで誕生した。日本では1951年に発売開始。

 1997年には1732万ケースを販売したが、その後はライバル製品や緑茶ブーム等に押され、2003年には710万ケースまで落ち込みを見せた。近年は着色料の廃止などさまざまなリニューアルを図り、2007年の販売数は約1400万ケースまで回復。果汁飲料市場のトップブランドとして、幅広い層からの支持を集めている。

 同社は7月26日、これからの暑い時期に向けて止渇系果汁飲料「バヤリース ゴクッと果実グレフル&レモン純水仕立て PET450ml」を全国で新発売する。夏場の水分補給にふさわしいゴクゴクのめるすっきり爽快な味わいに仕上げたという。パッケージは上部にグレープフルーツとレモンのイラストを配し、全体的に氷や水をイメージさせるようなデザイン。希望小売価格は140円(税抜き)。

 また、人気ゲームのモンスターハンターから派生した、カプコムの「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村G」発売を記念し、コラボレーションも行う。「バヤリース オレンジ ボトル缶300g(モンハンデザイン缶)」は、キャラクターのアイルーたちやプーギーがあしらわれたアルミボトル缶。アサヒ飲料自販機などで8月2日から数量限定で発売される。希望小売価格は115円(税抜き)。

 今後も、「バヤリース」ならではの果汁を生かした商品開発に注目したい。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5