MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

大学生がお金をかけたい1位は「貯金」
目的は「結婚資金」が25%

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/09/11 16:00

 大学生や新社会人の間で、将来を見据えて貯蓄を重視する傾向が強まっており、倹約志向の高まりがみられる。

 毎日コミュニケーションズが7月に実施した、2012年卒業予定の日本全国の大学4年生および大学院2年生の男女789名を対象とした調査によれば、これから社会人になってお金をかけたいもののトップが「貯金」という回答だった。「旅行」「ファッション」「家電製品」「家具」「車」といった回答を上回っており、同社が前年に実施した同様の調査よりも、貯金を選択した回答者の割合は大幅に増加している。

 貯金を重視する目的として、約4人に1人が「結婚資金のため」としており、将来に備えて堅実にお金を貯めようという男女が増えている。また、今回の調査結果で注目されるのは「特に理由はないが、なんとなく貯金をしておきたい」との回答者で、前年の調査時よりも増加が目立っている。

 また、いよぎん地域経済研究センターが、松山大学および愛媛大学の大学生213名を対象に4月に実施したアンケート調査でも、「毎月必ず貯蓄をしている」と答えた学生が65.7%に上り、毎年実施されている同調査で過去最高の割合を記録した。貯蓄額の最多回答は「10万円から50万円」だったという。さらに、今後の支出傾向については「減らしたい」と回答した学生が53.3%で、「増やしたい」と回答した学生の8.6%を大きく上回った。「食費」「娯楽費」「通信費」「ファッション費」が、支出を抑えたい分野の上位を占めている。

 長引く不況の影響か、旅行やファッション、新車、新商品などにお金を使うよりは、堅実に貯蓄を優先させる若い人が増えているようだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5