MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

鉄ちゃんでなくとも泊まりたい
各地で増える「鉄道模型ジオラマ」ホテル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/10/02 14:00

 かつては子どもや男性だけの趣味といわれた鉄道も、いまや女性までも虜にし、ファン層はますます拡大している。そんな鉄道人気に対応すべく、さまざまな企業、業界で鉄道関連の商品やサービスの企画、開発に力を入れている。

 そんな1つに、実際の鉄道の160分の1サイズであるNゲージ仕様の鉄道模型ジオラマを目玉にした話題作りで、注目を集めているホテルがある。

 秋葉原ワシントンホテル(東京・秋葉原)には、鉄道ルーム「クハネ1304」がある。このシングルルーム内には、同ホテルを中心に、東京タワーや都内の街並が精巧に再現された面積約4平方メートルの鉄道模型ジオラマが鎮座している。同時に4路線の操作ができ、思う存分鉄道を走らせることができる。鉄道模型は持ち込みが原則だが、有料でレンタルも可能だ。宿泊料金は平日2万3000円、土曜、休前日2万5000円。なお部屋名のクハネとは、JR(旧国鉄)などが使う車両区分名で、「ク」は運転台のある車両、「ハ」は普通車、「ネ」は寝台車を指す。したがってクハネ1304とは、鉄道模型が運転できる普通の部屋で、寝ることもできる13階の04号室という意味だそうだ。

 JR長野駅前の抜群のロケーションを誇る、ホテルメトロポリタン長野には「スマイルスイート1125」がある。こちらで待ち受けるのは、北アルプスの山並みや長野市内、国の名勝でもある姥捨の棚田など、信州を代表的する風景を再現した鉄道模型ジオラマ「パノラマ THE 信州」だ。同ホテルには、あさま、しなの、白山といった鉄道模型も用意されている。宿泊は2名までで、料金は特別プラン利用で8万8000円。また同部屋には時間貸しプランもあり、こちらは1回最大8名まで。料金は1時間3000円、2時間5000円となっている。

 客室内ではないものの、JR浜松駅(静岡)至近に立つホテルセンチュリーイン浜松は、専用の鉄道模型ジオラマが設置されたホテルの施設「FPルーム」が話題となっている。こちらの鉄道模型ジオラマは、昭和の浜松駅周辺を再現したもの。FPルームは朝10時から夜10時まで利用でき、最大利用人数は8名で、料金はひとり1時間500円、延長30分毎に400円。また同ホテル宿泊者(シングルルーム5900円より)は、平日と祝日は3時間まで無料(土、日曜日は1時間250円)となる。もちろん車両模型のレンタルも行う。費用は1編成300円。

 日中は実際の鉄道で移動し、宿に着いたら今度は鉄道模型ジオラマで心ゆくまで遊ぶ。行楽の季節、今秋はそんな鉄道三昧の旅も悪くない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5