MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

第一興商(7458) 12年3月期は一転営業増益を見込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/11/30 18:00

<エルダーシステムが好調>
12/3期2Q累計(4-9月)のカラオケ機器出荷台数は13.2千台であるが、うち1千台は高齢者向けのエルダーシステムである。過去10年間で4.5千台しか普及してなかったが、ここに来て加速して来た。東北福祉大学との共同研究の被験者アンケート調査で、健康増進・介護予防・認知症予防などに一定の効果が見られた調査結果も影響しているようだ。同社の収益力は高く、12/3期TIW予想PER8倍台など指標面から、株価の割安感も感じられる。
<12/3期2Q累計は前年同期並みの営業利益を確保>
12/3期2Q累計売上高は前年同期比2.2%増の621億円(6月13日発表会社予想623億円)、営業利益は同0.1%減の91億円(同76億円)となった。カラオケ施設の回復や業務用カラオケの原価率が想定より低下し、営業利益は予想を15億円上回った。12/3期会社予想は、売上高で8億円、営業利益で29億円引き上げられた。TIWでは、12/3期の売上高は前期比1%減の1,270億円、営業利益は9%増の180億円を予想。11/3期は東日本大震災の影響で会社予想が未達になったが、12/3期は達成可能と見ている。(岡 敬)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
花王(4452) 上海家化(シャンハイジャーファ)との戦略的業務提携に合意
フジクラ(5803) タイの洪水被害の影響やカルテルの違反金など懸念材料大きい
豊田通商(8015) 会社通期計画は上方修正、ただし来期以降の不透明感は強まる
ナブテスコ(6268) 12年3月期上期は増収増益、中国以外の新興国・資源国需要に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5