MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ユタカ技研(7229) タイ生産回復が待たれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/12/26 18:00

<タイ洪水影響が不透明>
12/3期TIW予想PER6.9倍、11年9月末実績PBR0.55倍、など指標面には割安感が強い。しかし、主要取引先ホンダ(7267)がタイ工場の浸水により12/3期の生産台数並びに業績予想を依然未定としている、同社タイ工場はタイ国内向け搬入は停止中、などタイ洪水影響が不透明なため手掛け難い。
<12/3期計画を上方修正、ただし、タイ洪水影響は未反映>
会社側は2Q累計(4-9月、以下上期)決算公表時に下期(10-3月)の為替前提を従来から円高方向へ修正し、通期計画を上方修正。売上高は従来計画比25億円増、営業利益は同3億円増の見通しとなった。会社側は比重の高いホンダ四輪車向け部品出荷回復により下期は前年同期並みの営業利益確保を見込んだ。ただし、この時点ではタイ洪水影響は合理的見積もり困難から計画修正に含まずとした。
<TIW予想は12/3期、13/3期を下方修正>
同社タイ子会社工場に直接浸水被害はない。しかし、取引先の操業停止による出荷減の影響を勘案しTIWは12/3期TIW予想を営業利益で従来比1.5億円下方修正。続く13/3期もホンダの挽回生産により業績は上向くとの見方に変化はないが、超円高の影響などを勘案し今般下方修正。(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
住友金属鉱山(5713) 非鉄市況の軟化傾向続く、12年3月期のTIW予想を大幅下方修正
角川グループホールディングス(9477) 「ダービースタリオン」がSNSに登場
リョービ(5851) 外部環境悪化で国内のダイカスト回復に鈍化懸念
NOK(7240) タイ洪水で会社計画は下方修正となるが主力シール見通しは保守的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5