MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

高齢者を狙った介護サービス詐欺も
国民生活センターが注意喚起

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/01/22 00:00

 国民生活センターは13日、「公的介護保険を補ってくれる介護サービス?」と題し、60歳代の女性から寄せられた相談を公表し、注意喚起を行った。

 相談者は「知人から『国の介護保険で受けられる介護サービスには限りがある。入会時に約100万円を一括で納めておけば、それ以上の介護サービスが必要になったとき、必要なだけ受けることができる』などと介護サービスの勧誘を受けた」という。

 また「納めた約100万円のうち、いくらかが紹介者である知人に入り、紹介によって加入者を増やしていくらしい。説明時に見せられたパンフレットは回収されたので詳細はわからない。老後の保障は手厚いほうが心強いので、倒産の心配がなければ加入したいが、大丈夫だろうか」と問い合わせた。

 同センターでは、冒頭のような事例のほか、高額な入会金を支払った後、サービスを受ける前に退会を申し出たのに一切返金されないといった相談も寄せられているという。友人や知人の紹介でも、契約前にサービスの具体的な内容や中途解約時の返金などについて十分に確認し、よく分からない場合は契約しない、といった慎重な対応が必要であるとのアドバイスをしている。

 現状の介護保険制度では、保健給付の対象となる居宅サービスの種類が法律上定められており、給食や移送といった生活支援を中心としたサービスは含まれていない。そこで、介護保険の支給範囲内でサービスが足りない人に対して、市町村が独自に、「上乗せ・横出しサービス」などと呼ばれる在宅介護サービスを行っている場合もある。

 さらに、民間事業者が行うサービスもある。費用は全額自己負担のため、自治体が援助するサービスに比べて料金は高くなるものの、金銭的にゆとりのある人は自由に細かく選べるメリットがある。

 例えばダスキンは、住み慣れたわが家で、不自由や不便や不安を感じることなく、いつまでもいきいきと暮らしたいという高齢者のニーズにこたえた「ホームインステッド」を提供。基本サービスは午前8時~午後10時の間で、1時間3150円(1回2時間より)。夜間滞在12時間パックは午後6時~翌朝10時で1回2万3625円(1回12時間以内)となっている。

 セコム医療システムも、介護保険適用外サービス「ほっとケア」を提供している。初回契約調整料は1万500円、午前9時~午後6時の間で1時間4200円~、それ以外の時間帯と土曜・日曜・祝祭日は割増料金となっている。

 不安のない介護サービスを受けるためには、正しい知識と情報収集が必要であり、心配なときは、近くの自治体の消費生活センターなどに相談するのがよいだろう。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5