MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「街コン」は地域活性化の切り札となるか
地元の飲食店を会場にして、男女の出会いを演出

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/01/21 22:00

 新たな出会いの場を提供するだけでなく、地域活性化にもつながる「街コン」がブームになっている。中には、キャンセル待ちになるケースも。

 市街地にある複数の飲食店を会場にした飲み会「街コン」が、全国各地で開催されている。地域の商工会議所や飲食業組合などが主催するケースが多く、参加者に出会いの場を提供することで集客を図り、地域の活性化を狙っている。

 その1つ、札幌市のすすき野エリアで開催される「エゾコンMAX」は、若い男女の出会いの場や異業種交流の場を提供することで多くの人を集めている。昨年の10月22日に第1回目の「エゾコンMAX」が開催され、700名が参加した。さらに、1月8日には第2回目が開催され、前回を大きく上回る2000名が参加し、大いに盛り上がった。第3回目となる「エゾコンMAX 3rd」は4月14日に開催され、2000名の参加を予定している。参加費は男性5500円、女性4500円。

 一方、仙台の複数の飲食店を会場に開催される「せんコン」は、飲み放題のお店や限定メニューのお店など、参加店舗の中から3つの店舗を回遊できる。昨年の10月には市内43店舗を会場にして開催され、1323名の男女が参加した。今年は第二弾として1月22日に仙台駅東口エリアで、第三弾として2月19日に仙台駅西口エリアで、それぞれ1000人規模で開催する。参加するにはチケット購入が必要。前売りチケットは男性6000円 、女性3900円。当日チケットもある。

 このほかでは、広島市の「ひろコン!」もある。昨年9月10日に第1回目が開催され、1000名以上が集結した。2カ月後の11月12日には第2回目が開催され、市内の81店舗を会場に2500名が参加するなど、大成功だった。今年は2月25日に3回目の「ひろコン!」が開催し、前回を上回る3000名の参加を予定している。参加費は当日券が男性6500円、女性4500円。前売り券の販売や早期申し込み割引制度もある。

 これまで開催されている「街コン」の多くが、多くの参加者を集め成功を収めている。さらに、参加者も回を追うごとに増えており、ブームは拡大している。この勢いはしばらく続きそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5