MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

縮小するスポーツ用品市場で、シューズ関連堅調
「挫折しても普段使える」が人気の秘訣か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/01/30 00:00

 マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが行った「2011年スポーツマーケティング基礎調査」によると、「スポーツ用品の購入」「施設の利用」「スタジアムでの観戦」など、スポーツ参加市場規模は全体で2兆8642億円と、2004年の調査開始以来、初めて3兆円台を割り込んだ。中でも、落ち込みが顕著なのが「スポーツ用品の購入」で、2010年の1兆2107億円に対し、2011年は9603億円。1人当たりの年間平均支出額は2万6812円と、昨年比20.2%のマイナスとなった。

 そんなスポーツ用品市場でも、シューズの人気は堅調なようだ。2011年9月発表の矢野経済研究所の調査によれば、2010年のスポーツシューズ国内出荷市場規模は2,767億4,000万円で、2008年から微増。ウォーキングシューズに限れば、前年比117.0%の431億8,000万円となり、大きな伸びを見せた。

 それに関連してか、足元関連グッズも注目を集めている。例えば、「つま先五本指ソックス」(525円より/タビオ)。指が自由に動かせる5本指ソックスは、血流が活発になって足部の温度を下げないため、防寒面でも優れているという。使い方が普通タイプの靴下と重ね履きとなるので、靴を脱いでも、他人の視線が気にならない点も高い支持を得ている。通勤の往復をウォーキングタイムにあてる人には重宝しそうだ。

 また、運動の途中で靴のひもを結び直すのは、結構面倒なもの。このわずらわしさを解消するのが「靴ヒモキープでシュー」(1680円/アズマ工業)だ。粘着樹脂成分入のスプレーで、靴ひもの結び目に吹きかけほどけにくくする。1回の噴射で効果は1日持続。靴を脱ぐ際は、通常の要領で靴ひもを引っ張れば、解くことができる。

 シューズの消臭と除菌が一度にできると好評なのが、ニュージーランドのパウダー「グランズレメディ」(3780円/日本総輸入発売元・シャッフル)。どんな靴にも使用できる世界的なベストセラー商品だ。使い方は、履く前にふりかけるだけと、いたって簡単。しかもその効果は抜群で、軍隊でも採用されている程だ。無香料、クールミント、フローラルの3タイプがある。

 以上の3商品は、万一スポーツが“三日坊主”となっても、普段の暮らしに転用が可能なものばかり。この汎用性の高さもヒットの要因なのかもしれない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5