MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

投資のプロが実行!株価が下がっても収益を得る投資方法 ヘッジファンドの裏技を解説します

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/03/27 08:00

 なぜいま、投資が必要なのか? 投資のプロが初心者にもわかりやすく解説します。

投資のプロはアマチュアと何が違う?

 前回は、日本が直面している問題点から、将来に向けて資産運用の必要性が高まってきているというお話をさせていただきました。

 しかしながら、世界同時株安、円の独歩高、世界的な不動産バブルや震災などの天災など、市場の動向を見極めるのがたいへん困難な時代です。忙しく働いているビジネスパーソンにとって、たえず市場に目を配り、適切な判断を下していくのは非常に負荷が大きいといえるでしょう。

 そこで今回は、資産運用の手段の1つとして、「運用のプロに任せる」という選択肢について考えたいと思います。

アマチュアの運用方法は株価の影響を受けてしまう

 個人投資家とプロにはどのような違いがあるのでしょうか。投資額や運用方法などもありますが、もっとも大きいのは、ベンチマーク(TOPIX、日経平均株価など)の影響を受けにくい運用手法の商品にも投資をしているという点です。

 ではまず、ベンチマークの影響を受ける運用方法について説明します。よく目にする投資信託の運用方法として、「アクティブ運用」と「パッシブ運用」の2つがあります。

  • アクティブ運用……ベンチマークを上回る収益率を目指す運用方法
  • パッシブ運用……ETFなど、特定のインデックスと収益率を連動させる運用方法

 アクティブ運用は、あくまでもベンチマークに対しての結果を見るので、ベンチマークより高い成績を残していれば評価されます。つまり市場が低迷している中でも、TOPIXに対して1%でもよいパフォーマンスが出せればよいわけです。

 パッシブ運用は、あらかじめ決められたルールに基づいて商品を組み込んで、あとは放置しておくことが多い手法です。運用側の裁量に頼らない分、運用コストが低く抑えられるというメリットもあります。

 しかしながらどちらの運用手法をとっても、全体的に株価が上昇すれば投資信託の基準価額も上昇し、下落すると基準価額も下がっていきます。つまりベンチマークの動きに、大きく影響を受けるのです。

ベンチマークの動きに影響を受けにくい、「絶対収益を追求する」運用商品とは

 実は投資のプロは、ベンチマークの影響を受けにくい商品にも投資しています。それは、相場が上がっても下がっても収益を上げることを目的とした、「絶対収益を追求する」運用商品です。日本の個人投資家ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、「ヘッジファンド」と呼ばれる商品がこれにあたります。

 「ヘッジファンド」は、その名の通り「リスクをヘッジする」という意味が含まれています。運用手法もさまざまで、株式を購入するだけでなく、株価が下がる時に収益を得る「空売り」という手法を取ったり、債権、金利など商品も多岐に渡ります。

 空売りとは、証券会社から空売り用の株式を調達し、一旦市場で売却し、あとから買い戻すという方法です。例えば、1万円で空売りをして8,000円で買い戻しをすれば、差額の2,000円が収益になります。もちろんデメリットもありますが、株価が下落している場合でも収益を得られるわけです。

 このような手法も駆使して、ヘッジファンドは収益を追求しています。つまり、ベンチマークを基準とした運用成果だけで運用結果を評価するわけではありません。

 プロは、アクティブ運用、パッシブ運用、ヘッジファンドなど、経済状況を見ながら運用商品を選びます。特にヘッジファンドには、運用手法や組み入れ商品などたくさんの商品が存在します。また、運用成績もファンドマネージャーによって様々です。

 ヘッジファンドが個人投資家にあまり馴染みがなかったのは、購入最低金額が高額であったり、そもそも商品が私募型であったりと、一般的には公募型でなかったので目に触れる機会がなかったことなどが考えられます。

 しかし、これからは「絶対収益を追求する」ヘッジファンドを取り扱っているプロに、資産運用を任せてみるという選択肢を取り入れることが、資産運用の拡大とリスクの分散につながるのではないかと考えます。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 眞野 定也(マノ サダヤ)

     1999年、日興證券(現SMBC日興証券)株式会社に入社。国内外の株式、債券、投信、私募ファンドの販売に従事。2008年9月、IPO証券(現アイネット証券)株式会社 取締役に就任。2009年にはIPOアセットマネジメント株式会社に入社。2010年6月より、ヘッジファンド証券株式会社 代表取締役に就任。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5