MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

サイバーエージェント(4751) 収益増加傾向は広告代理事業の変革次第で飛躍する可能性有り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/03/23 18:00

<株価の上昇が見込めよう>
株価はレンジの下限付近にあると考えられる。アメーバピグへの対策発表後に株価は下落したが、対策が業績に与える影響は軽微と推測されることから株価の反応は過度であり、持ち直すと考える。
<TIW業績予想修正>
取材を踏まえてTIW業績予想を引き上げた。主にアメーバピグや子会社のCygamesの提供するゲームが総じて売上を伸ばしていることを反映させた。
<アメーバピグ一部制限措置が業績に与える影響は軽微>
アメーバピグに関して、同社は15歳以下のユーザーを実質的に排除する措置をとった。出会い系サイト疑惑に関し、警察庁などが動く前に自主的に行動を起こしたと推測する。アメーバピグの売上を占めるのは成人女性であり、この対策が及ぼす業績への影響は軽微と考えられる。(鈴木 崇生)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
太平洋工業(7250) 主力2事業好調により13年3月期は過去最高営業益が見込まれる
日本触媒(4114) 13年3月期は主力製品SAPの端境期も底堅い業績を予想する
積水ハウス(1928) カバレッジ再開。国際事業を軸に中期成長を目指す
フェローテック(6890) 半導体製造装置関連改善継続に加え太陽電池投資再開で成長継続期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5