MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

東海理化(6995) 13年3月期は操業上昇による大幅増益を見込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/03/30 18:00

<堅調な株価展開を予想>
新興国での生産力強化、フォード向け拡販、などが今後の成長ポテンシャルとして期待でき、筋肉質への体質転換、現地調達拡大推進、主要製品での高シェアなどを踏まえると中期的成長余地は高いと考える。こうした中、13/3期は操業上昇局面での高い限界利益率を享受し大幅増益が見込めることに加え、株価指標面も13/3期TIW予想PER8.9倍、11年12月末実績PBR0.84倍と割安から堅調な株価展開が見込めよう。
<13/3期はトヨタ生産増により大幅増益をTIWは予想>
12/3期はトヨタ自動車(7203、以下トヨタ)生産回復とともに、四半期毎に業績は上向くが、期初めの大震災影響が残り、大幅営業減益での着地が見込まれる。TIWは13/3期は大幅増収増益を予想。トヨタが意欲的な販売計画を示しており、国内外でのトヨタ向け出荷増、工場生産性の向上などの寄与を見込む。(高田 悟)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
ファンケル(4921) 中期三カ年経営計画を発表
電気化学工業(4061) 13年3月期もこれまで業績けん引役の電子材料は低迷を予想する
富士重工業(7270) 自動車事業に集中加速(速報)
日本特殊陶業(5334) 12年3月期の業績を上方修正。海外子会社の決算期変更による

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5