MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ハワイ、日本人の海外旅行先として不動の人気
国内では宿泊料金が安い名古屋の人気が復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/04/22 18:00

 オンラインホテル予約サイト大手のHotels.comは17日、2011年度(1月~12月)の日本人に人気の海外・国内都市及び平均宿泊料金を発表した。調査結果の宿泊料金は、同サイトを通じて行われた予約をもとに、旅行者が実際に支払ったホテルの実料金を示している。

 人気の海外都市トップ3は前年に引き続き、1位米国・ホノルル、2位韓国・ソウル、3位米国・ニューヨークとなった。以下、4位仏国・パリ、5位中国・香港、6位台湾・台北、7位タイ・バンコク、8位シンガポール、9位米国ロサンゼルス、10位中国・上海と続いた。

 今回は人気都市のトップ10に、新たに台北とシンガポールが加わり、アジアの6都市がランクインした。長引く景気の低迷により、消費者が近場で安い場所を選択しているとみられる。とくに台湾は、東日本大震災で多額の義援金が送られたことで注目を浴びたようだ。

 一方、日本人旅行者に人気がある国内都市のトップ3は、前年と同じく東京、京都、大阪となった。4位には、前年8位だった名古屋がランクアップした。一方で、横浜が4位から6位に、広島が6位から9位に、神戸が5位から8位に下がった。

 平均宿泊料金は、東京が1万2,540円、京都が1万3,492円、大阪が1万124円。8位の神戸が1万3,553円と、日本で最も高い都市となった。人気ランキング4位の名古屋は8,488円と、トップ10内で唯一1万円を切っている。旅行者の財布にとって優しい都市のようだ。

 最大の旅行シーズンである、ゴールデンウィークが近い。順位の変動があるのか、今後の動向が注目される。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5