MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

エイベックス・グループ・ホールディングス(7860) 動画配信事業の会員数は280万人を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/05/14 18:00

<株価は評価不足と見ている>
動画配信事業は単年度で黒字化を達成しており、利益を伸ばす時期に入って来た。音楽パッケージは当たりはずれがあるが、動画配信事業は会員数を維持できれば安定収益源になる。インターネットの普及はパッケージ等に影響を与えているが、コンサートをはじめとする同じ時期と空間を共有するユーザーニーズは高い。TIWでは同社の株価は、市場で評価不足と見ている。
<12/3期は前期比8.1%営業増益になった>
12/3期売上高は前期比8.5%増の1,210億円、営業利益は同8.1%増の122億円になった。アルバム作品の充実したこと等により音楽事業は29億円の増収、4億円の営業増益。動画配信サービスの会員数が好調に推移したこと等により、映像事業は23億円の増収、3億円の営業増益。コンサートツアーが増加したこと等により、マネジメント/ライヴ事業は39億円の増収、6億円の営業増益。
<動画配信事業が拡大中>
動画配信事業の3月末会員数は243.7万人(前3月末154.6万人) に増加した。特に従来のBeeTVより単価の高いVIDEOストア会員数が伸びており、平均単価は上昇中。3月末のVIDEOストア会員数は73.8万人。動画配信事業の会員数は5月10日現在、280万人(うちVIDEOストア120万人弱)を超した。(岡 敬)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
三菱ガス化学(4182) 13年3月期の大幅営業増は可能と予想も今後の不採算事業の動向を注視したい
安川電機(6506) 12年3月期は増収増益、自動車向けロボット牽引で成長継続期待
日本ゼオン(4205) 13年3月期会社利益計画は上回ると予想する
ブリヂストン(5108) 1Qは販売悪化を値上げで吸収し営業段階で過去最高益を確保

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5