MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ACコーポレーションによる、エイブル&パートナーズ<3272>の普通株式等に対する公開買付が終了。

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/05/31 00:00

ACコーポレーションは、エイブル&パートナーズの普通株式及び新株予約権に対する公開買付を平成24年4月16日から実施していたが、平成24年5月30日をもって終了した(住宅・不動産業界のM&A)。

この公開買付では、応募株券の合計が買付予定数の下限(38,607,018株)に満たない場合は、応募株券の全部の買付を行わない旨の条件を付していたが、応募株券の合計(53,832,636株)が下限以上となったので、応募株券の全部の買付を行う。
公開買付後の、ACコーポレーションが所有するエイブル&パートナーズの株券等の所有割合は71.5%、議決権の割合は72.6%となる。
買付総額は、31,222百万円。

今後、発行済株式の全て(但し、エイブル&パートナーズが所有する自己株式及び佐藤茂氏が所有する株式を除く)を取得するための手続を実施する予定であり、その場合には、エイブル&パートナーズの普通株式は上場廃止となる見込み。

【提供:M&A仲介の株式会社ストライク

【関連記事】
テレビ東京ホールディングス<9413>、エフエムインターウェーブを譲渡。
花王<4452>と味の素<2802>、健康ソリューションビジネスで事業提携。
丸紅<8002>、米国 Gavilon Holdings, LLCの持分を取得し子会社化。
マーチャント・バンカーズ<3121>、ホテル事業の一部を譲渡、更にホテルシステム二十一を子会社化。

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5