MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

サッカー界で吹き荒れるチャイナ・マネー旋風
上海申花、世界のスター選手を相次いで獲得か

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/06/17 14:00

 このところ、中国のプロ・サッカーリーグの最上部ディビジョン「中国スーパーリーグ」が、サッカー界のビッグネームの獲得や交渉で世界のサッカーファンを驚かせている。

 中でも話題となっているのが、上海を本拠とするクラブ「上海申花(しゃんはいしんか)」だ。オーナーは中国ネットゲーム界の風雲児で大富豪、オンラインゲーム会社The9を率いる朱駿氏。資産700億円以上とも噂される彼の潤沢なる資金力は、選手らの獲得に惜しみなく注がれているようだ。

 昨年末は、元フランス代表でイングランドのプレミアリーグ・チェルシー所属のアネルカを、年俸1,060万ユーロ(約11億円)で獲得した。チェルシー時代、アネルカの年俸は470万ユーロ(約5億円)とされているので、破格な金額といえよう。

 今年に入り、まずはチーム新監督にと前アルゼンチン代表監督のバティスタを招へいした。次に入団が有力視されるのがドログバだ。コートジボアール代表で、現チェルシー所属。リーグ得点王他のタイトルホルダーであり、2011~2012年チャンピオンズリーグでチェルシー初となる優勝の栄冠をもたらした超一流のストライカー。上海申花がドログバに提示した契約金額は、週給32万ユーロ(約3,200万円)。単純計算すれば4週で月128万ユーロとなり、年俸は1,536万ユーロ(約15億3,000万円)だ。このオファーに、一部報道ではドログバ側も了承したとも伝えられている。

 ドログバとチェルシーの契約が切れるのは今月6月末。これに先立ち、去る5月末には、契約終了後はチェルシーを退団すると正式に発表したドログバ。いよいよ上海申花入団の話が現実味を帯びてきたが、いまのところ正式な発表はなく、入団も噂の域を脱していない。

 また上海申花は、必要とあらばどんな大物選手にも積極的に交渉を仕掛ける。たとえばサッカーファンならずとも誰もが知るスーパースター、ロナウジーニョもその1人。先頃、ブラジルのアトレチコ・ミネイロと契約を結んだが、前所属のフラメンゴ時代に2年契約のオファーを送っていた。

 着々と監督や選手を世界トップレベルで固めつつある上海申花。しかし現時点の成績は、中国スーパーリーグ全16チーム中9位に甘んじている。チーム補強のために、名物オーナーによる大物獲得交渉は、まだ当分続きそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5