MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日米のプロ野球界、31歳の選手たちが活躍
波瀾万丈のキャリアがプレーに活きるか

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/07/08 12:00

日米のプロ野球界で、さまざな人生を歩む今年31歳の選手たちが注目を集めている。

 プレーも凄いが、生き方も波瀾万丈。そんな1981年生まれの選手たちが、日米の野球界でファンの声援を受けて躍動している。

 まず、1981年5月生まれの31歳、ジョシュ・ハミルトン外野手は、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ投手の同僚。年俸は1,525万ドル(約12億円)、もちろん成績は申し分ない。過去にはリーグMVP他、数々のタイトルを手にした。2012年も7月1日時点で、リーグトップの打点73、本塁打は2位の25本、打率は7位の3割1分4厘と、チームのクリーンアップを担うにふさわしい活躍ぶりだ。しかし、そんな彼の球歴には4年間の空白がある。

 プロ入りは1999年のドラフトだった。走攻守、その全てが最高の高校生野手と称され、契約金は396万ドル(当時のレートで約4億円)。しかし2001年、シーズン開幕直前に交通事故に遭った。その治療中にアルコールと薬物に手を染めてしまう。2004年には事実上の球界追放となり、2007年に再デビューを果たすまでは、依存症根治のための治療を繰り返すことなる。そんな波瀾万丈の彼の人生は、現在、映画化の話が進んでいるという。

 次に、年俸2億4,000万円から大幅減となる62万5,000ドル(約5,000万円)のマイナー契約をシアトル・マリナーズと結んだのが、元福岡ソフトバンクホークスの川﨑宗則内野手。彼も1981年6月生まれの31歳だ。

 米国における彼の奮闘は、すでに誰もが知る通りで、開幕直前にメジャーに昇格し、年俸も100万ドル(約8,000万円)とアップした。ただ内野手のレギュラーが確定しているチーム事情で、彼の役目はもっぱら代走や代打だ。しかし挑戦はまだ始まったばかり。野球への情熱、尊敬するイチローとともにプレーする喜びをモチベーションに、川﨑が次なる夢を実現させる日は、そう遠くないかもしれない。

 もう1人の31歳、阪神タイガースの中継左腕である筒井和也投手は、2003年ドラフト自由枠で契約金1億円、年俸1,500万円で入団した。即戦力と期待されたが問題は制球難。このため一軍定着はおろか、毎年のように投球フォーム改造など、試行錯誤の日々が続いた。

 努力の成果が現れ出したは昨年末、登板は12試合ながらも防御率は1.26と好成績を残した。そして年俸1,700万円で迎えた今シーズンは、7月1日時点で30試合に登板し、2勝1敗13ホールドと目下リーグ中継ぎ部門の6位だ。シーズン終盤、はたして成績はいかに。正念場の秋となる今年10月、1981年生まれの彼は31歳の誕生日を迎える。

 人生、夢、己の力、何事もあきらめや見切りをつける前に、やるべきことを怠るな。努力はいつか報われ、そしてお金は後からついてくる。彼らのプレーからは、そんな声も聞こえてきそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5