MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

美容医療サービスの消費者トラブル相次ぐ
高額キャンセル料や医療危害の問題も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/07/07 18:00

 国民生活センターが、美容医療サービスに関する聞き取り調査を実施し、注意喚起を行っている。

 国民生活センターは6月21日、「美容医療・契約トラブル110番の実施結果から」と題して、美容医療サービスに関する注意喚起を行った。

 全国の消費生活センターには、美容医療サービス(医療脱毛、脂肪吸引、二重まぶた手術、包茎手術、審美歯科、植毛などの美容を目的とした医療サービス)の販売方法や広告等に問題のある相談が多数寄せられているという。

 同センターは、これまでも注意喚起や関係省庁等に要望提出を行ったが、トラブルの減少はみられなかったため、1月23日~27日にかけて国民生活センターで「美容医療・契約トラブル110番」(以下、110番)を開催し、情報収集を行った。110番開催中に受け付けた美容医療サービスに関する相談は93件で、そのうち84件について回答が得られた。

 相談の事例として、「脂肪吸引を強引に契約させられた後、キャンセルを拒否された」「シミ取りの施術を受けたら、シミの何倍もの面積が赤くなった」「長茎手術と亀頭増大注射を約120万円で施術。その後、患部が痛い」などが紹介されている。

 これらの問題点として、「不安をあおる、割引を強調する、即日施術を迫るなど、問題のある勧誘が行われている」「施術内容、リスク、価格、効果等について説明が適切でない」「キャンセルを拒否、または高額なキャンセル料を請求」「医療の質や危害に関するトラブル」などを挙げている。

 同センターは、消費者へのアドバイスとして、「ホームページや広告の情報だけに頼らず、自ら情報収集した上でクリニックに出向くか決める」「クリニックの説明に納得できるまで契約しないこと。特に即日施術は慎重に」「いったん契約すると、無条件に返金を受けることが難しいことを知っておく」といった点を注意するよう助言。トラブルにあった場合は、1人で悩まず、早めに相談することようにと呼び掛けている。

 美容サービスは費用面だけの問題でなく、体に影響を与えるものも多いので、十分注意したい。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5