MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

阪神タイガース、チームの順位は低迷も
ユニークな関連グッズは今年も続々登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/07/22 12:00

 熱戦続くプロ野球も前半戦が終了した。好成績で後半戦を迎える代表格は、球団創設8年目にして初の勝率5割以上で折り返す星野監督率いる東北楽天ゴールデンイーグルス。その一方で、かつて星野氏が監督を務めた阪神タイガースは、下位に低迷している。

 そんな中、阪神タイガースといえば、毎年数多く販売される関連グッズが有名。今年もユニークな商品が注目を集めている。

  「阪神タイガース
  トレーニングバット」

 まず、手始めは「阪神タイガース トレーニングバット(4,200円)/ホクシン交易(本社・福島県いわき市)」。ゴルフの打球の飛距離や方向性の精度アップには、打つ形が重要であり、これは野球のバットスタイルのゴルフ用スイングチェック練習具だ。重量は約840グラムで、長さ45インチ(1.14メートル)。黄色と黒の視覚的に目立つデザインカラーを配することで、バックスイング、フォロースイングなどが、正しいポジションで振れているかを容易に確認することができる。

 また、今年、グンゼ(大阪)は、初のスポーツチームとのコラボとして、阪神タイガースを選んだ。同社のオーダーメードパンツ「BWfit」は、用意された15種類の生地やウエストゴムと、25種類のポケットから好みをチョイスし、オリジナリティーの高い1枚に仕上げる。さらにオプションで名前や、各種メッセージを加えることも可能。自分用からプレゼントまで、男性用・女性用ともにあり、ペアの応援グッズにもなる。チームの成績に反比例するかのように売上げは絶好調だという。価格は1枚3,675円、ペア(同一デザイン2枚/男女、男男、女女も可)6,300円。

オーダーメードパンツ「BWfit」

 そして、うどん県・香川では7月7日、阪神タイガースカラーの逸品が産声を上げた。こんぴらや販売(本社・香川県仲多度郡まんのう町)が販売を開始した讃岐うどんの新作「本場さぬき 猛虎うどん(2人前200グラム・つゆ付/682円他)」は、麺の1本1本が黄色と黒のツートンカラーとなった半生タイプのうどん。黄色はウコン、黒は黒五(黒ゴマ、黒米、黒豆、黒松の実、黒カリン)が配合されており、インパクトと同時にヘルシーさにも配慮しているのが特徴だ。もちろん讃岐うどん独特の歯応えや、コシの強さも存分に楽しめる。

 7月25日より始まる後半戦、続々登場する関連グッズのような勢いで上位を狙えるか。チームの勝敗にも注目していきたい。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5