MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

美容師業界にも「ノマド」の波が!
フリーの美容師向け「ミラーレンタル」広がる

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/08/11 18:00

 美容サロンの業界では、ミラーレンタル(面貸し)というシステムがある。これは、鏡やカット台など、施術に必要な設備を、フリーの美容師に貸し出すシステム。首都圏では、原宿、表参道、青山のサロン(美容室)などで行われており、時間制なら1時間で1,500~2,500円、歩合なら45~65%くらいの還元率が相場だという。

 最近では、このミラーレンタルを専門に行う美容室も登場している。7月末にオープンした愛媛県松山市の美容室「HAIR SALON CREER」もこのミラーレンタル方式を採用している。登録システムは3タイプあり、月額賃料80,000円の月額利用、日額固定賃料7,000円の日額利用、1時間1,500円の時間利用が可能。美容師は仕事や生活スタイルに合わせて利用でき、保証金や敷金等の負担もない。設備等は準備されており、薬剤や自分の道具のみの持参でスタートでき、店側も集客を行ってくれるという。

ミラーレンタルの仕組み

 このシステムは、美容師、サロン、顧客のそれぞれにメリットがあるとみられる。まず美容師は、ミラーレンタルを行っているサロンを活用することにより、自分で店舗を構えるリスクを避け、自由に時間を有効活用しながら、自分流の働き方を生みだすことができる。一方、サロンは空いたカット台をレンタルすることにより、稼働率をアップでき、無駄のないスペース利用が行える。また顧客は店舗にとらわれずに、気に入った美容師に施術してもらうことができる。

 しかし、美容師にとっては、店舗に所属しないことによるデメリットが生じることもある。利用料金や空間、場所のバランスが大切で、いかに顧客を抱えているかが重要なポイントになる。顧客側も「サロン」という安心感を手放すことになるので、気に入った美容師に出会えるか、選択眼も必要になりそうだ。

 美容師の業界にも多様な働き方が広がっている様子がうかがえる。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5