MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

味覚の季節の今だけ、年に一度の限定販売
またたく間に完売した極上のコーヒーとは

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/10/13 18:00

 休憩の一杯に欠かせないコーヒー。100円台の価格でも十分おいしいが、時には少し奮発してみるのも悪くない。

 ファストフード店舗はもちろん、コンビニエンスストアでも、販売に力を入れているコーヒー。価格も一杯100円台と安い上に、味もなかなかで人気も上々だ。しかし、味覚の秋には、ちょっと贅沢(ぜいたく)な一杯を試すのもいいかもしれない。

「ネスカフェ フラジール」

 ネスレ日本が販売するのは、15グラムの瓶7本と専用スプーン付きのセット価格が3,150円の「ネスカフェ フラジール」。年に一度だけ、完全受注生産するインスタントコーヒーで、徹底的に手間と時間をかけて作った味わいを、独自の製法で製品化。豊かな香り、口当たりのまろやかさと癖のない酸味で後味もスッキリと、毎年発売を心待ちにするファンも多い。今年も、10月19日までインターネットにて、価格が10%オフとなる特典付きで先行予約が始まった。ちなみに製品名「フラジール(FRAGILE) 」とは、壊れやすい、かよわいといった意味。その名の通り、おいしさを損なわないように保管は冷蔵庫にと、取り扱いには要注意だそうだ。

「ブルボンポワントゥ」

 一方、18世紀に発見され、その独特の甘みと芳香な香りでフランス貴族を虜(とりこ)にした一杯がある。一時生産が途絶えたが、65年間にも渡る関係者の努力で復活し、今年で日本発売5周年を迎えたのが、フランスの高級コーヒー豆「ブルボンポワントゥ(発売元:UCC上島珈琲)」。生産量の少なさから、こちらも年に一度の発売となる製品で、価格は100グラム8,400円。去る10月1日から同社ウェブサイトと直営店で開始された一般販売では、またたく間に完売した。

 発売5周年のアニバーサリーイヤーである今年は、10月中の期間限定ながら絶好のロケーションで味わうことが可能だ。場所は、東京・銀座のシャネル銀座ビルの10階にあるフレンチレストラン「ベージュ・アラン・デュカス東京」。同店のラウンジと屋上テラス「ル・ジャルダン・ドゥ・ツイード」では、コーヒー(ブルボンポワントゥ カップ オブ コーヒー・1,000円)やデザート付きセット(マカロン3種セット・1,700円他全3種)を特別メニューとして提供中だ。また豆も、わずかながら販売されている。

 例年に比べ、ワンランク上のコーヒーに出会えるチャンスが多い今秋。しかし熟慮は禁物。時間切れでまた来年とならぬよう、行動は急いだ方がよさそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5