MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「第3のビール」節約志向にマッチで出荷量増
出荷量過去最低のビール系飲料の救世主なるか

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/10/21 14:00

 夏のアルコール飲料といえばビールが定番だが、出荷量が過去最低の数値に。そんな中、第3のビールは増加した。

 ビールメーカー大手5社は11日、9月のビール系飲料の課税出荷量を発表した。1~9月のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷量は、前年同期比1.4%減となり、8年連続のマイナスで、1992年以降で過去最低となった。

 また1~9月期のジャンル別の出荷量では、ビールが前年比0.2%減、発泡酒が9.5%減、第3のビールを含む新ジャンルが0.5%増となった。この結果、ビール系飲料全体の構成比は、ビールが49.6%、発泡酒が14.1%、第3のビールが36%となった。

 一方、株式会社クロス・マーケティングは、7月1日から8月12日にかけて、コンビニエンスストアで「第3のビール」売上トップ5であったブランドのいずれかを購入した、全国20~79歳の男女2,205人に、「第3のビール」に関する調査を実施した。

 調査対象者を、購入したことを認識している「意識購入者」と、購入したことを認識していない「無意識購入者」に分類し、それぞれから購入時の様子を聴取することで、第3のビールの購入・飲用実態などを明らかにした。

 性別や年代別では、無意識購入者は女性比が比較的高く、約3割を占めることが分かった。また無意識購入者は「何かお酒を買う」といった漠然とした購入パターンが多く見られた。一方で、意識購入者は第3のビールを「自分用」として購入する人が多く、ブランドの指定買いも多く見られた。

第3のビールの飲用者

 第3のビールは消費者の節約志向に加え、メーカー各社による味の向上やブランド戦略などによって、勢いが続いているとみられる。実際に、ブランドを意識する購入者も増えてきており、当分人気は続きそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5