MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

高く売れるバイクランキングトップ3発表
どうせ買うなら、高く売れるバイクを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/11/10 16:00

 新車市場は厳しいバイク市場だが、中古市場は活況を呈している。

 日本自動車工業会の発表によると、2011年の二輪車販売台数は前年より6.7%増加して40万5,533万台となり、6年ぶりに増加した。しかし、販売が好調だった1980年の二輪車販売台数は237万36台。昨年の販売台数は、ピーク時の2割以下まで落ち込んでおり、二輪車を取り巻く市場はかなり厳しい状況に置かれていることが分かる。

 その反面、中古バイクの買い取り業者のテレビコマーシャルの放映回数が増えるなど、バイクの中古市場は活況で、市場には多くの中古バイクが流通している。つまり、バイクを購入する場合には、中古市場で人気のある車種を選んでおくと、買い替えやバイクを手放す際に経済的な負担が少なくて済むことになる。

 それでは、どんな車種の買い取り価格が高いのだろうか。バイク王バイクライフ研究所が10月31日に発表した「リセール・プライスTOP10(2012年6~8月)」によると、2012年10月現在、新車で購入が可能なバイクを対象に、オークションで売却した際の落札金額の平均値と新車販売価格を基にリセール・プライスをポイント化したところ、トップは「ホンダ・CRF250L」が獲得した。

 「ホンダ・CRF250L」は、今年5月14日に発売されたバイクで、初心者からベテランライダーまで幅広いユーザーが楽しく乗れるように開発された、オン・オフロードモデル。そのスタイリッシュなデザインが評価され、2012年グッドデザイン賞も受賞している。メーカー希望小売価格は、税込み44万9,400円。

「ホンダ・CRF250L」

 第2位には、「カワサキ・W800」がランクイン。「カワサキ・W800」は、ヴィンテージバイクの持つ美しさとライディングフィールを徹底的に追求しており、発売から1年半以上が経過した現在も根強い人気を誇っている。メーカー希望小売価格は税込み85万円。キャンディカーディナルレッドの特別仕様もあり、メーカー希望小売価格は税込み88万円。

「カワサキ・W800」

 第3位は、「ホンダ・スーパーカブ50」。「スーパーカブ50」は、発売以来、世界中で支持されている原付バイクで、フルモデルチェンジを果たした直後ということもあり、人気が高かった。メーカー希望小売価格は税込み18万7,950円。「ニューベーシックカブ」を開発コンセプトに装備を充実させながら、求めやすい価格設定になっている。

 

「ホンダ・スーパーカブ50」

 バイクを購入する際にはリセール・プライスを含め、さまざまな観点から比較検討するのがよさそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5