MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「漫画カメラ」に「ぐんまのやぼう」
無料スマホアプリのサクセスストーリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/11/25 16:00

 ニールセンが8月に発表した「スマートフォンユーザーのアプリ利用実態」によると、スマートフォンのアプリをダウンロードする基準をAndroidユーザー1,758名とiPhoneユーザー1,191名に複数回答で聞いたところ、Androidユーザーの90.1%とiPhoneユーザーの85.0%が「無料のアプリであること」と答えた。

 こうした傾向もあり、注目の無料アプリは短期間で多くのユーザーを増やせることから、続々とリリースされている。

 その一つ、スーパーソフトウエアの「漫画カメラ」は、撮影した写真をどんなものでも漫画化する面白カメラアプリ。フレームも20種類以上用意されており、お気に入りの1枚をその場でフェイスブックやツイッターに投稿することも可能だ。9月10日のリリースからわずか20日あまりで200万ダウンロードを達成し、10月22日には300万ダウンロードを達成した。

(左)「漫画カメラ」 (右)「ぐんまのやぼう」

 また、ネギやコンニャク、キャベツなどの群馬県の特産品を収穫し、ためた得点でほかの都道府県を制圧していくシミュレーションゲーム「ぐんまのやぼう」も、リリースから2か月あまりで60万ダウンロードを超えた。続編の「にほんのたたかい」も合わせると、100万ダウンロードを超える大ヒットシリーズになっている。その人気ぶりから、開発者の本間和明さんは群馬県のPR大使「ぐんま観光特使」に任命され、大きな話題となった。

 このほかにもヒットした無料アプリは数多く存在するが、気になるのはその収益モデルだ。

 無料アプリの収益の一つは広告収入。多くのユーザーを抱えるアプリの場合、1日に多くの人が画面を見るため、そこに広告を掲載すれば収入を得ることができる。クリック単価の場合、1回あたり10円に満たないケースも多いが、クリック数が増えればその金額は膨大になる。

 また無料でアプリ楽しんだあと、ワンランク上のサービスを求めるユーザーに有料コンテンツを販売することもできる。数百万人のユーザーを抱えるアプリなら、有料コンテンツ購入者が数%でも、大きな収益を上げることが可能となる。

 さらに、企業を丸ごと売却することも夢ではない。今年の4月には米フェイスブックが無料の写真撮影アプリ「インスタグラム」の開発会社を約10億ドルで買収した。インスタグラムが保有する3,000万人超のユーザーが、フェイスブックの関心を引いたようだ。

 無料アプリヒットの裏で多くのサクセスストーリーが生まれており、開発競争はヒートアップしている。ユーザーにとっては、面白くて使える無料アプリの登場に期待が高まる。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5