MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

スマホ普及と共に拡大するアフィリエイト市場
2015年度の市場規模は1,659億円にも

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/12/16 12:00

 MCPCスマートフォン活用委員会とインプレスR&Dは、スマートフォンの契約数と出荷台数を推計し、その結果を12月4日に公表した。調査結果によると、2012年3月末(2011年度)のスマートフォンの契約数は2,820万契約だったが、iPhone 5の発売をはじめ、LTE対応やテザリング機能対応機種の拡大などで既存機種からの乗り換えが進み、2013年3月末(2012年度)には前年比173%増の6,508万契約まで拡大する見通し。さらに、5年後の2018年3月末(2017年度)の契約数は9,174万契約と推計しており、スマートフォン市場の拡大は今後も続くとみられている。

スマートフォン契約数の予測

 一方、スマートフォンの普及と足並みをそろえる形で、国内のアフィリエイト市場も拡大している。アフィリエイトとは、ウェブサイトやブログなどに企業サイトの広告(リンク)を張り、閲覧者がそのリンクを経由して会員登録や商品を購入したすると、ウェブサイトやブログのオーナーに報酬が支払われる広告手法。

アフィリエイト市場規模推移予測

 矢野経済研究所が3日に発表したアフィリエイト市場に関する調査結果によると、アフィリエイトによる成果報酬額や手数料、諸費用などを合算した市場規模は、2010年度の1,009億8,000万円から、2011年度は1,133億7,000 万円に成長し、2012年度には前年度比12.6%増の1,276億9,000万円に達すると見込んでいる。

 近年のアフィリエイト市場は、ケータイ公式サイトの広告出稿量が減少傾向にあり、市場の成長に陰りがみられていたものの、スマートフォンの普及によるPC以外からのインターネット接続量が増えたことで、再び注目が集まるようになった。

 市場拡大の背景には、大手の総合広告代理店によるアフィリエイト取扱が増加したほか、フィーチャーフォン時代には消極的だった大手企業でもプロモーションを目的としたアフィリエイト利用が増加していることがあるようだ。アフェリエイト市場は今後も堅調に拡大するとみられ、矢野経済研究所は2015年度の市場規模を1,659億円と予想している。

 スマートフォンの登場で私たちの生活は大きく変化しつつあるが、スマートフォンを取り巻く関連市場も大きく変化しているようだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5