MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

冬のボーナスで買いたいものは?
PCやスマホ、ロボット掃除機が人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/12/23 14:00

 MM総研は11日、「冬のボーナス商戦に関するアンケート」の調査結果を明らかにした。調査結果によると、ボーナスによる購買意欲は昨年に比べダウンしていることが分かった。調査は、全国の20歳以上の1,150人を対象に実施された。

 まず、冬のボーナスの増減率を聞くと、41%の人が昨年の冬のボーナスとほとんど変わらないと回答。減少すると答えた人は16.2%、増加すると答えた人は8.1%だった。一方、今年も昨年も支給されないという人が25.6%を占めたほか、昨年は支給されたが今年は支給されないという人も2.3%おり、冬のボーナスの厳しい状況が垣間見えた。

 冬のボーナスによる購買意欲を聞いたところ、購買意欲が上がったと答えた人は10.1%にとどまった。また昨年と変わらないと答えた人が58.3%、購買意欲が下がったと答えた人が31.6%で、購買意欲はそれほど高まっていない様子がうかがえる。

 そんな中、消費者はどんな商品に関心があるのだろうか。MM総研が発表した調査によると、冬のボーナスで購入予定のITデジタル家電のランキングでは、最も多かったのがパソコン(12.7%)で、以下、スマートフォン(8.2%)、タブレット端末・電子書籍端末(6.2%)などが続いた。今年の夏に実施した購買意欲調査との比較では、タブレット端末・電子書籍端末を購入したいと考える人の割合が3.4ポイント上昇した。

ITデジタル家電購入意向ランキング

 一方、コミュニケーションデザイン総合研究所が11日に発表した、20代から60代の既婚者1,291名を対象に実施した「家電製品に関するアンケート調査」によると、持っていない人が欲しいと答えた「欲しい家電製品のランキング」は、「ロボット掃除機」と「液晶テレビ」が26.1%でトップになり、次いで「ホームベーカリー」(25.1%)だった。

 欲しいものはあるけれども、さしあたって何とかなっているからという心理が、購買意欲の低下に影響しているのかもしれない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5