MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

斬新な粉ものメニューが東西で続々誕生
お好み焼き風ピザから創作スイーツまで

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/12/22 16:00

 小麦粉を使ったお好み焼きやたこ焼きなどは、関西を中心に”粉もん”や”粉もの”と呼ばれる。首都圏や本場関西で最近、斬新な粉ものメニューが続々と生まれている。

 B級グルメブームにわく今日、埼玉県春日部市では「大凧焼/おおたこやき(400円)」が話題になっている。春日部市内の広島流お好み焼き店「七夜(ななや)」が、地元の伝統歳時である「大凧あげ祭り」にちなんで考案したメニューであり、四角いお好み焼きだ。その一番の特徴は食感。ふんわりトロッとしており、これまでのお好み焼きやたこ焼きとは一風異なる。作り方は、鉄板に専用の枠を置き、独特の食感を生み出す特製生地に、具としてタコやキャベツなどを流し込んで焼き上げる。仕上げはマヨネーズで、アツアツの表面に「大凧」との文字が入る。

 東京・渋谷では、和洋折衷の粉ものが注目されている。30種以上の本格窯焼きピザを世界のワインとともに楽しめる「CONA渋谷店」の「下町スペシャル(500円)」。これはビザとお好み焼きの合体メニューで、焼きそば麺、チーズ、キャベツ、シーフードが具になったお好み焼き風ピザだ。この逸品は同店の注文ランキングでは常にベスト3に入る人気メニューだ。

 一方、粉ものの本場である関西では、この秋、お土産市場に新しい仲間が加わった。「たこパティエ(525円、6個入1箱他/瓢月堂・本社:大阪府八尾市)」は、パイの上にソース、アオノリ、カツオブシといったたこ焼き素材と、キャラメルコーティングのクルミとざらめがトッピングされた創作スイーツだ。発売当初は、その奇抜さもあってか売上げが芳しくなかっが、1度食べたら癖になるとリピーターが続出しているそうだ。高級感のあるパッケージも功を奏し、またたく間に人気の大阪土産となった。たこ焼きソースとキャラメルの甘さが絶妙に絡み合っている。そんな同製品は、まさに宣伝文句通り「はじめて食べる味」だ。

「たこパティエ」瓢月堂ホームページより

 また関西では、日本コナモン協会(事務局:大阪府大阪市)に所属する若手お好み焼き店主の勉強会「大阪鉄板会議」は、今夏よりお好み焼き開発プロジェクト「自慢のおいしい食材、買いまっせ!」を始めた。同プロジェクトは、日本全国から食材を募集し、その食材を使って今までにない大阪ならではのお好み焼きを作ろうというのもの。本格的な募集に先駆けて行われたプレ開発では、岸和田市のミニトマトをテーマに、キャベツを使わない「めちゃ甘ミニトマトとおじゃがのベジ豚玉」など、ユニークな味が披露された。

 関東や関西で、続々と登場する斬新な粉ものメニュー。今後もその動向から目が離せない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5