MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ユニークな列車ツアーあれこれ
団らんが楽しめるこたつ列車やテレビカーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/12/22 14:00

 手軽に旅行気分が味わえる電車の旅。年末から来春にかけてユニークなプランや、特別に運航する列車が続々と登場している。

 まず、岩手県を走る三陸鉄道は12月15日から、車内で団らんが楽しめる「こたつ列車」を運行。期間は、2013年3月31日までの土日祝日で、1月1~6日は毎日運行する。「こたつ列車」は2005年2月に初めて試行的に運転を始めた。車内に「なもみ(なまはげによく似たもの)」が登場するなどの企画で人気を呼んだが、東日本大震災の発生以降、中止となっていた。運賃は、乗車区間の乗車券(久慈-田野畑の片道960円)と指定席券(片道300円)が必要。通常は往復乗車すると2,520円の久慈-田野畑だが、1日フリー乗車券(1,500円)を購入すれば指定席券(往復600円)とあわせても運賃が2100円とお得になっている。

「こたつ列車」三陸鉄道ホームページより

 一方、京阪電気鉄道とJTB西日本は、平成25年春に引退する京阪旧3000系特急車(テレビカー)を用いた貸切ツアーを共同で企画する。この車両貸切ツアーは、平成25年1月19日と2月10日のみの限定企画で、往年の京阪特急と同様に京橋~七条駅間をノンストップで運行する。通常の運行では体験ができない三条駅や樟葉駅の入換線、淀車庫や寝屋川車庫での走行体験が楽しめ、同車の初代車内アナウンスを担当した大伴英嗣氏も同乗する。参加者には限定の「記念乗車証」、旧3000系の雄姿を収めた「ツアー限定オリジナルDVD」(ともに非売品)、京阪電車の乗務員や駅員がよく食べていた「萩乃家」の駅弁・お茶もプレゼントされる。旅行代金は、テレビカーの場合おとな1名11,300円(1名で2席利用)、7,800円(2名で2席利用)・2階建て車両10,800円(1名で2席利用)・7,800円(2名で2席利用)、普通車両9,800円(1名で2席利用)・6,300円(2名で2席利用)となっている。

 また日本旅行は、広島県が展開している「瀬戸内ひろしま、宝しま」キャンペーンの一環として、呉線で運転する団体専用臨時列車に乗車できる旅行商品を発売する。このツアーは人気が高く、予約が極めて困難な「トワイライトエクスプレス」車両を使用し、車窓から見える瀬戸内海の多島美を眺めながら、地元の食材を使った特製コースランチが楽しめる。車内外において地元の方々からさまざまなイベントでもてなしが受けられる予定。1泊2日コースは平成25年2月19日と2月28日、価格は大人1名49,800円~63,800円。日帰りコースは32,800円。どちらも新大阪発着。

 特別な列車に乗車して楽しむツアー。いつもと違う特別な旅行を考えている人にとってはうってつけだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5