MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

意外と美味しい?パイナップル入りラーメン
常夏フルーツ「パイナップル」製品あれこれ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/01/12 14:00

 さわやかな酸味と甘味で生食からジュース他の加工品として、人気の高いパイナップル。近年は、疲労回復から老化防止、食物の消化に便通の促進、さらにはデトックスやダイエットなどの効果もあるとされ、再度注目を集めている。この人気を背景に、パイナップルに関する新商品が続々と登場している。

「パイナップル塩ラーメン」

 今やパイナップルは、立派なラーメンの具でもある。「パパパパパイン(東京都杉並区)」は、パイナップル入りラーメンの専門店だ。意外だがうまいと、味にうるさいラーメン通をうならせるのが「パイナップル塩/醤油ラーメン(各700円)」。パイナップルの持つ甘味や酸味が味を引き立てるアクセントとなり、一度食べるとクセになると評判だ。さらに同店では、この味を自宅でも手軽にと、昨年末に公式ウェブサイトを開設し、通信販売にも乗り出した。

 アルコール、ソフトドリンク分野もにぎやかだ。

 昨年夏に台湾で大ヒットしたのが、フルーツ×アルコールの飲料。そのひとつが「パイナップルビール」。果汁5%、アルコール度数は2.8%のカクテル・テイストのビールだ。日本でも昨年秋から、東京にある台灣物産館(東京都渋谷区)や、インターネットで購入ができ、まろやかな味わいはビールが苦手な向きにも好評となっている。なお同ビールには、パイナップル以外にもライチ、マンゴー果汁入りがある。価格は、いずれも1本268円(330ミリリットル)。

 国産のソフトドリンクも注目されている。「伊藤園プランテーションパインティー(147円、500ミリリットル)」は、コンビニエンスストアのローソン(本社:東京都品川区)と伊藤園(本社:東京都渋谷区)が共同で開発した1本。昨年7月にハワイ初出店をはたしたローソンと、かねてより現地法人を設立し、各種飲料を販売する伊藤園が、ハワイで親しまれる紅茶のパイナップルティーに着目し、製品化に向けてタッグを組み生まれた。特徴は、クセのないマイルドさ。適度なコクを持つ茶葉を使用し、パイナップルの香りと味が堪能できるフレーバーティーに仕上げられている。なお同製品の販売は国内とハワイのローソンのみで、数量も限定となっている。

 アツアツの一杯から、喉を体を潤す冷えた一杯まで。夏のイメージが強いパイナップルだが、この冬、新商品を試してみてはいかがだろうか。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5