MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

軽自動車の販売台数1位はダイハツ「ミラ」
前年比30.1%増、好調な軽自動車新車販売市場

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/01/20 16:00

 全国軽自動車協会連合会は10日、軽四輪車通称名別新車販売速報において、昨年1年間で最も売れた軽自動車を発表した。1位はダイハツ「ミラ」で販売台数は21万8,295台だった。

 ダイハツのミラ・シリーズには、ミラ、ミライース、ミラココアなどのモデルがある。中でも2011年9月に発売したミライースは、リッター30キロメートルの低燃費を実現したことや、コンパクトなボディサイズながら広い室内空間を確保していることなどがユーザーから高く評価され、販売台数を大きく伸ばした。79万5,000円から購入できる価格設定も魅力のひとつだ。

ミライース ダイハツ・ホームページより

 2位にランクインしたのはホンダ「NBOX」。昨年の販売台数は21万1,156台だった。「NBOX」は「NEW NEXT NIPPON NORIMONO」をキャッチコピーに登場したホンダの軽自動車で、軽自動車の枠の中で最大限の広さを追求しているのが特徴。広さを実現させた要因は、燃料タンクを後席下ではなく、車体の中央下に配置する「センタータンク・レイアウト」を軽自動車として初めて採用したこと。さらに、ラゲッジルームの床を低くする一方で天井を高くし、女性でも自転車を楽に載せられるよう、使いやすさも向上させている。価格は126万円から。

 3位にランクインしたのはスズキ「ワゴンR」。昨年の販売台数は19万5,701台だった。ワゴンRは2011年に16万439台を販売し、2011年の軽自動車販売ランキングでトップだったが、2012年は3位に甘んじた。スズキは昨年9月に、アイドリングストップ機構の改良や車体の軽量化、減速時に回生エネルギを蓄えるシステムなどを導入し、燃費を従来よりも2割向上させた「新型ワゴンR」を市場に投入した。2013年は新型で巻き返しを図る。価格はCVT仕様で110万9,850円から。

 4位以下は、ダイハツ「タント」(17万609台)、ダイハツ「ムーヴ」(14万6,016台)、スズキ「アルト」(11万2002台)、日産「モコ」(6万6,460)と続いた。

 一方、2012年の軽自動車の年間新車販売台数は197万9,447台で前年比30.1%増となり、2年ぶりのプラスとなった。この背景には、ランキング上位の車種のように、低燃費や居住性などを売りに、これまで軽自動車に満足していなかった顧客を取り込んでいる点が影響しているとみられる。今後の動向にも要注目だ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5