MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

上履きがオシャレなスニーカーに?
大人の「上履き」ブームが静かに到来

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/03/16 14:00

 学生の頃に校内で履いていた「上履き」が、この頃大人の間で静かなブームとなっている。

 上履きとは、改めて考えてみると実によくできたシューズだ。シンプルなデザインで、価格も手頃。軽量かつ適度なクッション性。耐久性もよく、また汚れれば気軽に洗えることもありメンテナンス面でも優れている。

 そんな上履きにカラーのアクセントをほどこしたのが、「いろばき」だ。オリーブピスタチオ、トマトエクリュ、ブルーベリーアクア、ラムネサクラといった、フルーツや野菜にちなんだ4つのカラーを展開しており、おしゃれな女性を意識して開発された。このアイデアは、「リノベーションプロダクト」をコンセプトに活動するデザイン集団「otogi designs(オトギデザインズ/東京都台東区)」が生みだし、老舗のシューズメーカーであるアキレスが技術面でのサポート役となり、商品化された。

「いろばき」

 いろばきの用途は広く、会社の中や運転用などの屋内履きはもちろん、かわいいスニーカーとして外出用としても使える。価格は各3,990円。なおサイズは、現段階ではS(23センチ)、M(24センチ)、L(25センチ)の3タイプのみだが、今後は他のサイズ展開も予定しているそうだ。

 一方、今年3月に発売された「大人の上履き(2,100円/ムーンスター・本社:福岡県久留米市)」は、軽くて滑りにくい上履きタイプの室内作業用シューズだ。軽量で高いグリップ力に加えて、メッシュ素材採用で抜群の通気性を実現。また脱いだり履いたりしやすい設計になっている。サイズは21センチから28センチまで。

 また、新日本教育シューズ(本社:滋賀県大津市)の「教育バレーDX」も、足の指をしめつけず軽やかなフットワークを可能にする1足だ。サイズも29センチまでと豊富。同シューズにはオプションとして「穴あけ加工」がある。これは、不快な蒸れを解消するベンチレーション機能として、靴底の前方部に小さな穴をあけるもの。トレーニングシューズとして上履きを使う人からは、シューズ内に熱がこもりにくく、激しく動いても快適さが損なわれないと好評だ。価格は1,680円、穴あけ加工はプラス600円。

 この春は会社やフィットネススタジオ用に、上履きを1足加えてみると、意外と重宝しそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5