MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

うっかりしてしまう落し物
専用タグやSNSなど、紛失対策いろいろ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/03/24 12:00

 ついうっかりしてしまう落とし物。いま、便利で信頼できる落とし物対応サービスが増えつつある。

「キーポスト」

 「キーポスト(ジャパンリカバリー/本社:東京都豊島区)」は、一見したところ、普通のタグのようだ。耐久性に富む素材で作られており、厚さ1.2ミリ、重量12グラムでカギにつけるものだ。そんなこのタグにはシリアルナンバーが刻まれており、落とした時に持ち主を特定する「リカバリーサービス」が付いている。

 さらに、タグ購入時に氏名やアレルギーの有無といった個人情報を登録しておけば、もしもの際に自身の身元確認や、医療施設へ救命に関する情報提供を行ってくれる「クライシスアラートサービス」も付いている。価格は1枚3,360円。さらに現在販売中の「Love Takada 復興支援ロゴ入りタグ」は、価格の25%が岩手県の陸前高田市の復興支援金に寄付され、社会貢献に一役買うこともできる。

「落とし物ドットコム」

 また、落とし物ドットコム(本社:東京都台東区)では、無料と有料のサービスを展開している。無料のサービス「落とし物ドットコム」は、 SNSを利用した落とし物情報専用のプラットホームだ。 落とした、拾った、お礼といった情報を投稿は、ツイッターのアカウントを利用する。また落とした当事者は、落とした可能性のあるエリアなどから検索することも可能だ。

 一方、有料となるサービスには落とし物早期発見・回収サービスの「リターンタグ」がある。これはID登録された1枚1,280円のタグを各種モバイルグッズなどに貼り付けておく。そして落としたものを拾った人がタグにあるフリーダイヤルか、QRコードを使ってカスタマーセンターへ一報を入れれば、カスタマーセンターから落とし主へ連絡が入る。

 落し物を拾ったら正直に届ける習慣がある日本。この特長を生かした落とし物サービスは、日本ならではといえるのかもしれない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5