MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

高知「ミレービスケット」の人気の秘密
パーティー用から贈り物まで種類いろいろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/03/24 16:00

 高知県の素朴なお菓子、「ミレービスケット」がじわじわ人気が出ているようだ。

 最近、高知県で長らく愛されているお菓子「ミレービスケット」が注目されている。

 ミレービスケットは、ほんのりとした甘さの生地に、塩をまぶしただけのシンプルなお菓子だ。その素朴でどこか懐かしさを感じる味わいは、一度食べればファンになるという。

野村煎豆加工店ホームページより

 もとは明治製菓が開発した同ビスケットだが、現在は愛知県の三ツ矢製菓(本社:愛知県名古屋市)が生地づくりを受け継ぎ、油で揚げるなど最終的な商品化の行程と販売は、愛知県と高知県のメーカーが行っている。

 その高知のミレービスケットが全国的な人気となっている。手がけているのは、老舗の豆菓子加工会社である野村煎豆加工店(本社:高知県高知市)。同加工店では、商品化を始めた1955年頃から50年以上たった今日まで、いつの時代も変わらぬ昔ながらの製造方法と、揚げる油は酸化しにくい植物油、塩も海水天日塩使用など、材料へのこだわりで、おいしさを守り続けてきた。

 加えてミレービスケットの魅力は味だけではなく、パッケージの種類の多彩さもあげられる。通常の袋物(208円/130グラム)以外に、進物を意識した「おやつのミレービスケット(750円/500グラム)」はポリ容器入り。また、食べきりサイズの40グラムの袋が4つつながる「4連ミレービスケット(250円)」や、パーティー用の「ミレーの枕(1,130円/800グラム)」と、家族構成や用途ごとにセレクトできる。

 一方、高知県以外でミレービスケットを製造・販売する愛知県の商品は、「ミレーフライ」という名称で、地元を中心に親しまれている。

 口コミなどで自然にうわさが広まり、気がつけば人気が出ていた「ミレービスケット」。愛知の「ミレーフライ」と食べ比べてみたいものだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5