MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

安曇野、名称変更で観光客が15.3万人増加
全国各地で沸き起こる名称変更の波

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/03/30 18:00

 全国の高速道路のインターチェンジや駅の名称変更の動きが盛んになっている。わかりづらい地名はやめて、全国的に名の知れた名称に変更することで、利用者の利便性を向上させて、より多くの人を集めて経済効果につなげることが目的だ。

 長野県中部にある「安曇野市(あづみのし)」は、2005年に近隣にある5つの町村が合併して誕生した北アルプス山麓の都市。昨年10月には、同市を走る高速道路である長野自動車道のインターチェンジ名を、これまでの「豊科」から「安曇野」に変更した。同市の特徴は美しい自然。北アルプスの山々をバックに広がる田園風景を目に収めようと、四季を通じて観光客が訪れる。同市では一層の集客を図るために、注目したのが全国区の知名度を誇る名称である安曇野だった。この名称変更で、観光客は15.3万人増え、安曇野市や長野県に波及する経済効果の合算は10,4億円と推計している。

 同様に鉄道の駅の名称変更も活発化している。

 神戸市(兵庫県)の中心に位置する阪急電鉄(本社:大阪府大阪市)の「阪急三宮駅」。駅名の由来は、近くにある三宮神社からと、関西圏をよく知る向きには問題はないが、地理にうとい観光客には分かりづらいと指摘されていた。そこで同電鉄では、駅名に「神戸」を加え、「神戸三宮駅」に変更する協議に入った。

 また九州では、北九州市の「小倉駅(こくらえき)」が、今年2月に迎えた市制50周年を機に、小倉の名称に北九州を加える案や、思い切って北九州駅に変更して全国的に認知度の低い北九州市をアピールする案など、駅名変更についての議論が活発化している。

 ただし、すんなりと変更とはならないケースもある。2014年3月まで使われる“うどん県”香川の「高松駅(JR四国)」の愛称も、当初の「さぬきうどん駅」から「さぬき高松うどん駅」に変更となった。

 そして東京スカイツリーのお膝元の駅は「業平橋(なりひらばし)駅」から「とうきょうスカイツリー駅」と変更されたが、旧駅名を惜しむ意見も無視できず、駅名表記の際は「とうきょうスカイツリー(旧業平橋)駅」と併記することになった。

 また先に触れた安曇野の場合、1年以上をかけて名称変更に踏み切った。名称変更については、十分に地元住民の声を聞き、意見交換をしたうえで、慎重に行ったほうがよさそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5