MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

東京・御岳山、ペット同伴登山で活気
ケーブルカーにペットエリア、ご当地ドッグフードの開発も

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/05/12 14:00

 観光客の増加を目指す御岳山(みたけさん・929メートル)は、現在、犬同伴のハイキングコースの整備計画が進んでいる。御岳山には大和武尊(やまとたけるのみこと)を道案内した「おいぬさま」伝説があり、今回は同伝説をモチーフに、地元が地域振興に乗り出した。

 山好きの愛犬家からは好評で、効果も上々のようだ。麓と山頂を6分で結ぶケーブルカーの御岳登山鉄道は、ペット1匹で片道120円の運賃を設定し、ケージ不要で乗車できるペットエリアを設けた。結果、乗車券の売り上げも急上昇したという。また、おせんべいや犬用のご当地ドッグフードなど、新しいお土産グッズの企画・開発も急ピッチで進んでいるようだ。

 そんな中、愛犬同伴の団体客の登山を応援するサービスもある。「ペットバス」という都内発着限定の貸し切りバスだ。ヒューマンビークル(本社:東京都江東区)が運営するウェブサイト「たびの足」内で募集するもので、定員45~60名の大型専用バスが車両に使われる。人にも犬などの動物にも快適さを提供するために、消臭対応やゆったりと座れる新型スライドシートを配備、また車内では放し飼いも可能となっている。料金は、平日が1台10万円、土・日・祝日が12万円(規定時間外の利用は問い合わせが必要)。駐車料金や有料道路使用時の料金は別途必要だ。

 犬同伴の登山については、マナー違反の観光客増加による環境破壊という課題も指摘されている。日本の景勝地の自然は、想像以上に荒廃が進んでいる。先ごろ世界遺産となった富士山も「自然遺産」では候補になれず、「文化遺産」となった。自然との共存ができ、地元も発展を遂げられるかどうか。カギを握るのは、自然との接し方について昔からいわれるこんなひと言かもしれない。「来た時よりも美しく」。常に忘れずにいたいものだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5