MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

注文・分譲・中古住宅購入者の調査結果
それぞれの平均年齢、年収、自己資金比率は

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/05/20 00:00

 国土交通省は4月25日、「平成24年度住宅市場動向調査について」を発表した。対象は、平成23年4月から平成24年3月の間に自分自身が居住する目的で建築した住宅に入居済みの人。

 住宅の建築、購入に要した資金総額の平均は、注文住宅(土地購入資金を含む)で3,614万円、分譲住宅で3,597万円、中古住宅で2,192万円だった。

 世帯主の年齢の平均は、注文住宅・分譲住宅・中古住宅では30歳代が最も多く、特に分譲住宅では5割を超え、注文住宅・中古住宅でも4割前後を占めた。平均年齢で見ると、注文住宅は45.2歳、分譲住宅は39.0歳、中古住宅は42.0歳だった。

 また、世帯年収の平均は、分譲住宅が660万円と最も高く、注文住宅が617万円、中古住宅が602万円となった。

 さらに資金総額に占める自己資金比率を見ると、注文住宅で42.7%、分譲住宅で31.6%、中古住宅で45.8%となり、過年度調査と比較すると、中古住宅の自己資金比率は、過去5年間で最も高くなった。

 厚生労働省の調査によると、平成23年の全世帯の平均所得が538万円だったことから比較すると、世帯所得がやや高めの層が住宅を購入しているといえそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5