MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

食べ飲み放題で1,000円以下
低価格朝食ビュッフェが人気

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/05/26 12:00

 早朝からスポーツや勉強会など自分磨きにいそしむ「朝活」に合わせて、朝食に力を入れる飲食店も多い。なかでも、最近とくに注目されているのが、ファミリーレストランやファストフードが提供するビュッフェスタイルの朝食だ。

 人気の背景にあるのは、好きなものを好きなだけ食べられるという経済性に加えて、朝なら少々食べ過ぎても、カロリーは消費できるといった意識が生まれるからかもしれない。

 例えば、「ココスジャパン(本社:東京都港区)」が全国で展開するファミリーレストラン「ココス」では、朝7時から11時(受付最終時間は10時30分)が、朝食バイキングの時間帯。内容もにぎやかで、焼きたてのクロワッサンなど自家製パンと、スクランブルエッグやコロッケなど豊富な種類の一品料理、そしてドリンク。また和食派には、ご飯類もある。料金は平日が699円、土・日曜・祝日でも799円と、かなり経済的な価格設定だ。ただし、この朝食バイキングは、店舗により毎日と土・日曜・祝日のみ実施に分かれる。東京都の場合なら、総店舗数27のうち、毎日実施するのは13店舗となっている。

画像出典:ココス
http://menu.cocos-jpn.co.jp/index.html

 またJR恵比寿駅(東京都渋谷区)から徒歩1分の好立地にある「イン・ザ・キッチン」のモーニングビュッフェは、月曜から土曜までの朝7時から10時までとなっている。同店は、「モスフードサービス(本社:東京都品川区)」が展開するモスバーガーと「ダスキン(本社:大阪府吹田市)」のミスタードーナツによるコラボレートブランド「モスド」から派生した野菜とスイーツを中心としたヘルシーなファストフード店で、今年3月にオープンした。

 同店のモーニングビュッフェの料金は、肉料理、野菜惣菜、サラダ、パン、ケーキ、スープ、そしてドリンクが、食べ飲み放題で580円。木目を多用し、落ち着いた雰囲気の店内で朝の栄養補給ができると好評だ。またモーニングビュッフェ以外には、パンとドリンクのセット(380円)もある。

画像出典:IN TJE KITCHEN
http://www.inthekitchen.jp/

 リーズナブルな朝食ビュッフェを食べて、健康的に1日を過ごしたいものだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5