MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

世界遺産登録で、盛り上がる富士山
ガイド付き、サイクリングなど企画ツアー続々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/06/08 14:00

 ジャストシステムは、10代から60代のFastaskモニターの男女1,100名を対象に、「富士山の観光・登山に関する意識調査」を実施し、その結果を5月24日に発表した。調査期間は5月17日から18日。

 世界遺産登録が内定し、話題になっている富士山について尋ねると、32.9%の人が「今年、富士山を見に行ってみたいと思った」と回答。さらに、30.8%の人が登山以外を含む「富士山関連のツアーに興味を持った」と答えたほか、19.2%の人は実際に「今年、富士山に登りたいと思った」と答えるなど、富士山への関心が高まっていることが明らかになった。

 こうした富士山人気を受けて、旅行会社各社は富士山周辺へのツアー販売を企画している。

 日本旅行は5月24日、2013年夏の国内旅行商品を発売。富士山のユネスコ世界文化遺産登録を記念して、着地型ツアーやオプションの充実を図った新規商品の販売を6月中旬から始めると発表した。河口湖や西伊豆・箱根など富士山観光に便利な周辺エリアで設定する。

 実際に富士山に登るなら、ガイド付きのツアーもある。例えば、富士急トラベルのバスツアー(おまかせ富士登山プラン)は、初心者も安心のフルサポート体制で富士登山をバックアップしてくれる。7合目か8合目の山小屋で宿泊し、翌朝には山頂にて「ご来光」を目指す。料金は2食付きで1万3,000円から。

 また富士山を眺めながらサイクリングを楽しむ「サイクリングバスツアー」もある。販売しているのは国際興業トラベル。参加者の自転車は観光バスのトランクに収納して移動し、景色のよい場所からサイクリングを楽しむ。積載には独自に開発した専用積載キットを使用し、参加者の愛車を傷つけないよう配慮もしている。現在募集しているコースは7月6日、20日出発の「山梨県・富士4湖めぐりコース」。価格は8,480円で、昼食と温泉入浴がセットになっている。

 富士山周辺には有名な観光スポットも多く、世界遺産登録を機に多くの観光客が富士山周辺に訪れることになりそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5