MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

今夏注目は、古株アイス
昭和両陛下のための商品、20年ぶりリニューアル

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/06/23 16:00

 このところアイスクリーム市場は、好調さを堅持している。

  2010年度に4,063億円となったアイスクリームの市場規模は、2011年度は若干前年を下回ったものの4,058億円、そして2012年度は前年比3%アップの4,170億円と、3年間連続して4,000億円の大台をキープしている。背景には、毎年続々と登場する多彩な新商品による効果もあるが、一方では機能性や独特の味わいで長きにわたり人々から支持される味が貢献しているようだ。

 体重計が気なるために、極力我慢という人のために、江崎グリコ(本社:大阪府大阪市)と、東京医科大学八王子医療センター栄養管理科のコラボレーションで開発された「カロリーコントロールアイス」は、今年で発売10年目を迎えた。

 同商品の最大の特徴はカロリーの低さ。砂糖に代わって低カロリー甘味料を使用することで、1個80カロリーに抑えられている。また豆腐や食物繊維を配合し、コクや滑らかな食感など、おいしさへのこだわりもあり、多くの人に愛され続けるロングセラー商品だ。種類は今年リニューアルされ、これまでの「バニラ」「ラムレーズン」に「バニラ&チョコクランチ」が加わったカップアイス、モナカアイス、サンデーアイスがある。価格はオープン価格。なお、詰め合わせタイプなら「カップアイス12個(3,500円・各4個×3種類)」などがあり、江崎グリコのウェブサイトでも購入できる。

 一方、北の大地では、今年で45年目となるバニラアイスが、あらためて注目されている。それが宮内庁からの依頼が誕生のきっかけとなった「スノーロイヤル スペシャル(680円/雪印パーラー:北海道札幌市)」だ。

 これは、1968年に昭和天皇・皇后両陛下のために、半年の試作期間を費やしつくられたアイスクリーム。特徴は含まれる乳脂肪の高さ。一般的なアイスクリームの乳脂肪は8から10%に対して、スノーロイヤル スペシャルの乳脂肪は16%とかなり濃厚だ。そのため、普段親しむバニラアイスとは全く異なる独特の食感が楽しめる。また同商品は、20年ぶりにリニューアルされており、今年はおいしさが一段とアップしているようだ。スノーロイヤル スペシャルの販売は、北海道の雪印パーラーのみだが、当分北海道を訪問する予定がない方は、雪印パーラーのウェブサイトなどで購入する手もある。価格は2,000ミリリットル入りが3,465円、140ミリリットルカップ10個セットが4,200円となっている。

画像:雪印パーラーオンラインショップより
http://www.rakuten.co.jp/snowparlor/index.html

 今年の夏も猛暑が予想されており、ますますアイスクリームの存在感が高まりそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5