MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

気温29℃超えで熱中症患者増
対策ドリンク、続々登場

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/07/13 16:00

 今年も暑い季節がやってきた。この季節に注意したいのが熱中症。国立環境研究所の発表によると、昨年の5月1日から9月30日(札幌市、沖縄県は6月1日から)の間に、各地区で救急車によって搬送された熱中症患者数は全国で1万357名に達した。月別の推移をみると、5月が135名、6月が358名、7月が4,644名、8月が4,385名、9月が835名だった。7月と8月に熱中症患者が急増しており、暑さが本格化するこれからが最も注意が必要だ。

 また国立環境研究所によると、日中の最高気温が29℃あたりから熱中症患者の発生に増加傾向がみられ、31℃から32℃を超えるあたりから急激に増加する様子が観察されたという。

 熱中症対策で重要になってくるのが、汗で失われた水分とミネラルの補給。飲料メーカー各社は、からだに必要なミネラルを含んだドリンクの新商品を相次いで市場投入している。

 カゴメは、1本あたりトマト2.5個分のトマト果汁が入ったスポーツドリンク「TOMATO WATER」を、7月2日から9月末までの期間限定で販売を始めた。独自のトマト加工技術ですっきりとした味わいを実現し、運動時でもごくごく飲めるさらっとした飲み心地に仕上げた。またスポーツ時に必要とされるナトリウムや糖質も含んでおり、熱中症対策に配慮した商品設計になっている。価格はオープン。全国のコンビニエンスストア限定で販売している。

 カルピスは、健康や美容に効果的なスーパーフルーツとして話題の高まっている、ブラジル原産のヤシ科植物「アサイー」の果汁に、独自の発酵果汁を加えた炭酸飲料「アサイースパークリング」の販売を6月24日から始めた。2月に発売した「アサイーウォーター」に炭酸の爽快感をプラスし、夏向けに販売する。「アサイースパークリング」100ミリリットルあたり45ミリグラムのナトリウムを含んでいるので、夏場の熱中症対策に適している。価格は500ミリリットルペットボトル入りで137円(税込み)。

 一方、アサヒ飲料は、レモン・ミント飲料の味わいに仕上げた大人向けリフレッシュ飲料「アサヒ クールブレイク」の販売を、9日から始めた。100ミリリットルあたり44ミリグラムのナトリウムが含まれており、夏場に失われやすい塩分補給と水分補給が同時にできる。価格は500ミリリットルペットボトル入りで140円(税抜き)。

 気温が上昇しているときは、冷房の活用とともに、こまめに水分とミネラルを補給しながら、熱中症予防に努めるようにしたい。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5