MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

熱中症、スマホアプリで備える
ドコモ、ウェザーニューズがリリース

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/07/21 18:00

 気象庁の7月から9月の3カ月予報では、今年の夏は晴れの日が多く気温も高温傾向が見込まれている。同庁は35℃以上になる日には、「高温注意情報」を発表し熱中症への注意を呼び掛けている。

 株式会社白元は、消費者の「熱中症」に関する意識調査を実施した。調査対象は561名で、調査期間は2013年6月5日-6日。

 調査結果によると、今夏73.1%の人が「熱中症が気になる」と回答した。また熱中症対策を「3年以上前から毎年欠かさずにしている」と答えた人は18.4%、「ここ2-3年はしている」と答えた人は29.9%、「特にする予定はない」と答えた人は33.7%だった。

 また屋内と屋外の熱中症対策としては、屋内のトップ3は「水分」「扇風機」「エアコン」、屋外のトップ3は「水分」「帽子」「塩分」だった。

 そんな中、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモは、環境省と官民一体で取り組む「熱中症予防声かけプロジェクト」の一環として、ドコモ環境センサーネットワークで観測した気温・湿度情報を活用した熱中症予防のスマートフォンアプリ「あなたの街の熱中症予防」を、2013年7月1日より提供している。

 このアプリは、ドコモ環境センサーネットワークで観測した気温・湿度情報を活用することで、熱中症危険度を5段階で把握できるという。気温・湿度情報は、全国に設置されたセンサーにより10分ごとに更新され、現在地に加えて最大3カ所まで地域を設定でき、家族や友人がいる地域の熱中症危険度を把握することも可能となっている。アプリ起動時以外でも熱中症危険度を知らせるアラート機能を備えている。またメールやアプリケーションを通じて、家族や友人に熱中症危険度を知らせることができる「声かけ」機能も、7月中旬を目処に追加予定。料金は無料。

あなたの街の熱中症予防
http://docomo-live.jp/app/

 一方、株式会社ウェザーニューズは、これから迎える夏本番に向けて、暑さで体調を崩す人が少しでも減るように、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」にて、熱中症の危険性を事前に知らせる「スマートアラーム熱中症モード」(有料会員向け)を開始した。

 このサービスは、全国3,000カ所に設置している独自観測システム「ソラテナ」の解析データを用い、利用者が現在居る場所で熱中症の危険性が高まる恐れがある場合に、事前にPUSH通知で知らせる。独自分析した熱中症患者が急増する条件のもとで配信し、気象のプロによる熱中症に関するアドバイスも確認できるので、出かけ先でもすばやく適切な対応をとることができるという。

スマートアラーム熱中症モード
http://weathernews.com/ja/nc/press/2013/130708.html

 一般的に熱中症は、炎天下で発生しやすいと考えられがちだが、屋内でも発生するケースも多い。熱中症対策のアプリなども活用し、屋外・屋内ともに注意しながら、熱中症対策を心がけたい。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5