MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

電子書籍や電子雑誌の普及が加速
タブレット端末の人気も上昇傾向に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/07/27 14:00

 端末の新機種販売開始で、電子書籍の普及が加速。夏のボーナスで購入したいIT家電ランキングでも、端末が2位に躍進した。

 インプレスビジネスメディアが毎年発行する「電子書籍ビジネス調査報告書2013」によると、2012年度の電子書籍市場規模は729億円と推計され、2011年度の629億円から100億円増加。さらに、2017年度には2012年度の約3.3倍の2,390億円程度になると予測されるなど、電子書籍市場は拡大傾向にあるようだ。

 また有料の電子書籍利用率は、昨年より4ポイント増えて7.9%に、無料の電子書籍のみの利用者も昨年より4ポイント増えて15.0%になるなど、電子書籍の利用者も増えていることが分かる。

 一方、電子書籍の普及が本格化してきたことで、タブレットや電子書籍端末の人気も上昇している。

 6月12日にMM総研が発表した「ITデジタル家電購入意向調査結果(調査対象は全国の20歳以上の男女1,092名 調査期間は5月31日から6月2日)」によると、夏のボーナスが支給されたら購入したいITデジタル家電について聞いたところ、2位に「タブレット端末・電子書籍端末(7.8%)」がランクインした。

 昨年実施した同様の調査では、「タブレット端末・電子書籍端末」を購入すると答えた人は1.1%で、ベスト5にもランクインされなかったことを見ると、昨年から今年にかけて人気が高まっている様子がうかがえる。

 この背景には、アップルの「iPad mini」をはじめ、グーグル「Nexus7」やアマゾン「Kindle Fire」シリーズなど、7インチ台の人気タブレット端末が日本市場でも出そろったほか、ソニーの「Xperia Tablet Z」など人気モデルが登場したこともあるようだ。

 また、最近では、大日本印刷が電子雑誌に関するサービス「コンテンツビジネスバンク」を発表するなど、コンテンツの充実も進んでいる。同サービスは、雑誌に掲載された原稿やコラム、写真などのデジタルデータを記事単位で管理して、新たなコンテンツとして流通させることができるという。

 ハードとソフトの双方が充実してくれば、タブレット端末や電子書籍端末の市場の拡大も一層加速していきそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5