MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

世界文化遺産、富士山に登る
保全協力缶バッジや焼印でさらに楽しく

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/07/27 18:00

 今年、世界文化遺産に登録された富士山。富士山には限定アイテムも多い。それらを集めながら登るのも、富士山登山の魅力のひとつだ。

 静岡県と山梨県は、入山料「富士山保全協力金」の本格導入に向けた社会実験として、山頂を目指す登山者に、任意で入山料の支払いの協力を呼びかけている。この入山料の支払いに協力すると入手できるのが、「富士山保全協力者証」と記載された缶バッジだ。

富士山保全協力者用缶バッジ
ふじのくに静岡県公式ホームページより
http://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-223/kyouryokukin.html

 静岡県内では各登山口の5合目で、山梨県内では吉田口の6合目で受け付けているので、賛同する方は支払うといいだろう。金額は1,000円で、期間は7月25日から8月3日まで。静岡県では登山道の案内などが書かれている「記念ガイドブック」も用意されている。

富士山保全協力者用記念ガイドブック
ふじのくに静岡県公式ホームページより
http://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-223/kyouryokukin.html

 また登山の途中で集めたいのが焼印。5合目で金剛杖を購入し、途中の山小屋で、金剛杖に焼印を押してもらう。金剛杖は登山の補助になることに加えて、最終的に記念品になるのが人気のポイントだ。

 特に富士山は焼印の種類が豊富なので、集める楽しみは倍増する。ただし、濡れた杖に焼印すると焼き鏝(ごて)が割れてしまうため、雨天時は押してもらえないことが多い。また山小屋の営業時間や混雑具合によっても、焼印が得られない場合があるので、たくさん集めるには運も必要になる。金剛杖は5合目で1,000円前後で売られており、焼印を押してもらうために必要な費用は200円~300円となっている。小銭を多く持参しておくといいだろう。

五合目「焼印所」
富士の国やまなし観光ネットより
http://www.yamanashi-kankou.jp/fujisan/virtual/virtual018.html

 そして山頂に着いたら、富士山頂郵便局を訪れたい。富士山頂郵便局では、風景印が押印できるほか、登山証明書と富士山登頂記録などがセットになったオリジナル商品(500円)や、オリジナルかもめ~る(500円)、オリジナル3Dポストカードセット(1,000円)など、限定品が販売されている。富士山頂郵便局の開局期間は8月26日まで。

オリジナル フレーム切手セット『富士山 世界文化遺産登録記念』
日本郵便ホームページより
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2013/00_honsha/0627_01.html

 今年は、富士山を目指す旅行者の増加が想定され、たいへんな混雑が予想されている。事前にしっかり計画を立てて、富士山登山を楽しむのがよさそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5