MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

自称「発祥の地」で町おこしも
進化する喫茶店のモーニング

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/07/28 14:00

 「モーニングサービス」とは、コーヒーなど飲み物を注文すればトーストなどがセットとなる、飲食店の朝のお得なサービスだ。日本中で実施されてはいるが、特に中部地方では独特の進化を遂げている。

 早起きする者がビジネスでも勝利を収めるとばかり、“朝活”ブームのいま、あらためて中部地方のモーニングサービスに注目してみたい。

 かねてより中部地方のモーニングサービスは、ほかの地域では体験できないほど、質・量ともに豪華なサービスであることは有名だった。ところが近年は、名称はモーニングでも、その概念はあやふやとなっていることも少なからずある。

 JR名古屋駅にも近い「喫茶リヨン」では、”終日”モーニングサービスを実施している。同店では、コーヒー1杯400円からある飲み物を注文する際に希望すれば、いつでも無料で6種類のなかから好みのサンドイッチなどのメニューを選び、モーニングサービスとして楽しむことができる。中でも、サンドイッチのパンに小倉あんをはさんで、ホットプレスで仕上げる「小倉プレスサンド」が人気の一品となっている。

小倉プレスサンド
ぐるなび - モーニング喫茶リヨン(笹島・納屋橋)より
http://r.gnavi.co.jp/pade43gn0000/

 また、モーニングサービスを地域発展の手段とする動きも活発だ。面白いことに、モーニングサービス発祥地を自認する場所は愛知県内に2つあり、いずれの地域もモーニングサービスで町おこし、地域活性化に取り組んでいる。

 モーニングサービスの歴史は、1950年代のわが町で始まったというのが、愛知県の北西部に位置する一宮市。同市では、一宮モーニング協議会が中心となり「モーニングプロジェクト」が進行中だ。発行する「モーニングクーポン」には、飲食店のみならずさまざまな業種が行う朝限定のサービスが掲載されている。さらには参加費500円で、モーニングサービスを楽しみながら学べる「朝学」や「スタンプラリー」といったイベントも盛んだ。

一宮モーニング公式ホームページ
http://ichinomiya-morning.com/

 一方、愛知県の東部の豊橋市、豊川市、新城(しんしろ)市、蒲郡(がまごおり)市、田原市の5つの都市では「東三河モーニング街道」を結成し、共同で味にこだわった地域のPRに余念がない。現在、同街道ではスタンプラリーも行われている。なおこちらでは、モーニングサービスの発祥は、豊橋駅前の喫茶店だとしている。

東三河モーニング街道【公式】モーニングサービス・豊橋&周辺喫茶ガイド
http://hmgs.jp/morning

 独自路線をひた走る中部地方のモーニングサービス。各地の人気のサービスを試してみるのもよさそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5