MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

規制強化の高速バス、新サービスで顧客獲得へ
3日間乗り放題1万円やプライバシー重視など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/09/08 18:00

 2012年4月の関越自動車道の高速ツアーバスの事故を受けて、今年8月1日から安全に関する規制を強めた「新高速乗り合いバス」制度がスタートした。

 コスト増のため7割もの業者が撤退し、便数も減少した。それにともなう価格の上昇などが気になるが、残った業者は顧客獲得に向けて、新しいサービスを展開している。

 まず、高速バス「WILLER EXPRESS」を統括管理するWILLER EXPRESS JAPAN株式会社は、高速バス「WILLER EXPRESS」が3日間乗り放題になる『全国乗り放題PASS』の販売を、9月2日よりウィラートラベルのウェブサイトで開始した。

 このパスは、初日の出発日から連続する3日間において有効。もっと気軽に日本中を移動できるようにと、北は青森、南は福岡まで全国ネットワーク22路線での利用が可能となっている。

 レギュラー商品においては1万円から購入が可能だが、1日10枚限定で『全国乗り放題PASS』が1,000円で購入できるスペシャル1,000商品もある。

 また、山梨交通は夜行高速バス「甲府~京都・大阪線」の専用車両に、女性利用客からの要望の高かったプライバシーを確保する座席仕切りカーテンや、携帯電話、ゲーム機器などのモバイル機器の充電用のAC100Vコンセントを設置。運賃は甲府駅前~大阪間片道8,500円(往復1万5,300円)、甲府駅前~京都駅間片道7,500円(往復1万3,500円)となっている。

 乗客の安全を守りながら運行することを基本に、さまざまなサービスを競う高速バス。秋の連休の移動の際に、その乗り心地を試してみるのもよさそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5