MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

安さが魅力の中古スマホ
iPhone5を抑えてトップに立ったのは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/09/15 14:00

 SBIライフリビングは3日、運営するフリーマーケットサイトにおける2013年8月の中古携帯ランキングを発表した。

 ランキングトップだったのは、富士通の「ARROWS X F-02E(13春モデル)」だった。同モデルは、4つのCPUコアで処理能力が格段に向上し、動画やゲームなどのアプリケーションが快適に動作するのが特長。これまでもトップ10にランクインしていたが、7月は6位に低迷していた。

 こうした機種が一気に順位を上げたのは、中古価格の推移にあるようだ。「ARROWS X F-02E」の中古価格の平均をみると、8月は1万6,710円で、7月と比べると2,068円、6月と比べると9,862円下落しており、高スペックのわりに価格が安いことから、最新モデルにこだわらないユーザーや、サブ端末として利用するユーザーの購入が増えたとみられる。

 2位にランクインしたのは、美しい写真や動画を簡単にすぐ撮れるカメラキーを搭載した、ソニーの「Xperia A SO-04E(13夏モデル)」だった。こちらは、5月に2位にランクインしたものの、その後TOP3から外れ、7月の順位は5位だった。「Xperia A SO-04E」の中古価格の平均をみると、過去2カ月で6,191円上昇していたが、8月は4,972円下落し、5万2,850円になった。中古の平均価格が下落したことで、値ごろ感が高まって購入者が増えたようだ。

 以下の順位をみると、3位はサムスンの「GALAXY S4 SC-04E (13夏モデル)」で中古の平均価格は5万1,597円、4位はアップルの「iPhone5(2012年9月発売 キャリアはau)」で中古の平均価格が4万5,424円、5位が「iPhone5(2012年9月発売 キャリアはSoftBank)」で中古の平均価格が4万5,824円だった。

 最近では安く本体を購入できることから、中古のスマホを購入する人が増えている。こうした中古品の中には、売り主が端末の割賦の支払いを途中でしなくなったり、毎月の利用料金を支払わなかったため、携帯電話会社が遠隔操作でロックをかけてしまい、使えなくなってしまうケースもあるという。

 これから中古のスマホを買い求めようと考えている人は、使えなくなった場合の補償の有無を確認して、安心できる店で購入するのがよさそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5